ドラマ「24 -Twenty Four-」の情報集積と詳細な時系列

シーズン4

目次

概要

Day 4

CTUを離れたジャック・バウアーは国防長官ヘラーの補佐官となり、長官の娘オードリーと恋に落ちて静かな日々を送っていた。ある日、ジャックは長官の代理としてCTUへ赴き、列車爆破テロ事件の容疑者を連行する場面に遭遇。だがその事件は、さらに大規模なテロ計画の幕開けにすぎなかった……。

  • 事件発生:07:00
  • 発生時期:3月ごろ(Day3の1年半後)
  • 事件の種類:爆破、誘拐、暗殺その他
  • 放映時期:2005-01-09 ~ 2005-05-23

シーズン4から、1月中旬に2日連続で最初の4話を放送し、翌週から5月までノンストップで24話を放送するという形式が定着しました。


Day4: Timeline

何時何分に誰が何をしていたかを表にまとめました。表のページはスマホ対応ではないので、PCなど大きめの画面でご覧ください。

Day 3.5

シーズン3と4の間をつなぐブリッジ・ストーリー。数分の短い映像で、10周年記念コンプリートDVD-BOXの他、「トゥルー・コーリング」(レンタル版)の1巻にもおまけとして収録されています。

あらすじ

Day3 の3ヵ月後: CTUのLA支局長に就任したエリン・ドリスコルは、ジャック・バウアーの解雇を言い渡す。サラザールの組織に潜入するためとはいえ、ヘロインを使用していたことがその理由だった。ドリスコルは次の仕事を世話しようと申し出るが、ジャックは「仕事は自分で探す」と言いCTUを去る。

その1年後: 米国とメキシコの国境。トマス・シェレクは2人の男の協力を得て国境を越え、合衆国に入国する。密入国したシェレクは迎えに来た男と落ち合って鍵を受け取り、その男を射殺。さらに起爆装置を取り出し、メキシコ側にいる協力者2人を車ごと爆殺。シェレクは衛星電話を取り出し、「入国した」と何者かに告げる。

Day4の6時間前: LAのダウンタウンにあるホテルの一室。そこには愛しげに抱き合うジャックとオードリーの姿があった……。

24: Conspiracy

「24: Conspiracy」は、2005年に携帯電話向けに配信されたミニドラマです。1話1分、全24話で構成され、Day4 の事件が起きていた間、CTU ワシントン支局では何が起きていたか――? というストーリーになっています。1話ずつはリアルタイムドラマですが、連続した24分間ではありません。

詳細は、以下のサイトをご覧下さい。

DVD一覧

パッケージ画像
24 -TWENTY FOUR- シーズン4 コンパクト・ボックス

パッケージ画像
24 -TWENTY FOUR- シーズン4 ハンディ・ボックス

パッケージ画像
24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス

ノヴェライズ

表紙画像
24 TWENTY FOUR4〈1〉07:00 - 13:00 (竹書房文庫)

2005-08-31 発行
978-4812423240

表紙画像
24 TWENTY FOUR4〈2〉13:00 - 19:00 (竹書房文庫)

2005-09-21 発行
978-4812423486

表紙画像
24 TWENTY FOUR4〈3〉19:00 - 01:00 (竹書房文庫)

2005-10-12 発行
978-4812423493

表紙画像
24 TWENTY FOUR4〈4〉01:00 - 07:00 (竹書房文庫)

2005-10-29 発行
978-4812423806

↑ PAGE TOP