ドラマ「24 -Twenty Four-」の情報集積と詳細な時系列

シーズン6

目次

概要

Day 6

アメリカでは連日のようにテロ事件が発生していた。一連の事件の背後にいる(と思われる)グループのリーダー、アサドを見つけ出して暗殺するため、ウェイン・パーマー大統領は彼の居所を知るファイエドと取引をする。ファイエドはアサドの居場所と引き換えに、中国で獄中にあるジャック・バウアーの身柄を要求する。

  • 事件発生:06:00
  • 発生時期:5月ごろ(Day5の20ヶ月後)
  • 事件の種類:爆破、核兵器
  • 放映時期:2007-01-14 ~ 2007-05-21


Day 6: Timeline

何時何分に誰が何をしていたかを表にまとめました。表のページはスマホ対応ではないので、PCなど大きめの画面でご覧ください。

Day 5.5

シーズン5と6の間をつなぐブリッジ・ストーリー。数分の短い映像で、10周年記念コンプリートDVD-BOXの他、「ザ・センチネル/陰謀の星条旗」(キーファー・サザーランドがシークレットサービス役で出演)におまけとして収録されています。

あらすじ

Day5の7ヶ月後: 中国に拉致されたジャック・バウアーは、連日のようにチェンから厳しい尋問を受ける。チェンは中国政府に米国のスパイがいることを知っており、それがホンとリーのどちらなのかを知りたがっていた。だがジャックは頑として口を開かず、その日は房に戻される。
そこへ2人組の男が侵入し、「我々はアメリカ人だ。助けに来た」と言いジャックを救出。彼らは外に出て政府の職員ホン・ワイと合流する。「仲間のホンです。覚えていますか?」と言われたジャックが頷くと、そこへチェンが登場、ジャックに礼を言うなりホンを射殺する。すべては、ジャックにホンを「面通し」させるために仕組まれた偽の救出劇だったのだ。
ジャックは再び牢獄に戻され、囚われの身となった。

Day6 Debrief

「24: Day6 Debrief」は、2007年に American Express カード会員専用に公開された5話のウェビソードです。Day6 のストーリーが終わった3時間後、CTU捜査官2名がホテルにいるジャックを訪ねて同行を求め、中国での出来事について尋問するという内容です。

詳細は、以下のリンク先をご覧下さい。

DVD一覧

パッケージ画像
24 -TWENTY FOUR- シーズン6 コンパクト・ボックス

パッケージ画像
24-TWENTY FOUR- シーズン6 ハンディ・ボックス

パッケージ画像
24 -TWENTY FOUR- シーズンVI DVDコレクターズ・ボックス 初回生産限定

ノヴェライズ

表紙画像
24 TWENTY FOUR6〈1〉06:00 - 12:00 (竹書房文庫)

2007-08-30 発行
978-4812432259

表紙画像
24-TWENTY FOUR6〈2〉12:00 - 18:00 (竹書房文庫)

2007-09-29 発行
978-4812432457

表紙画像
24 TWENTY FOUR6〈3〉18:00 - 00:00 (竹書房文庫)

2007-10-26 発行
978-4812432792

表紙画像
24 TWENTY FOUR6〈4〉00:00 - 06:00 (竹書房文庫)

2007-11-20 発行
978-4812432808

↑ PAGE TOP