User Tools

Site Tools


bones:s02:032_the_headless_witch_in_the_woods

BONES - Season 2, Episode 10

#32 The Headless Witch in the Woods

  • 邦題:「眠れぬ森の魔女」
  • 脚本:Stephen Nathan, Karine Rosenthal
  • 監督:Tony Wharmby
  • 初回放映:2006-11-29

事件概要

グレアム・ヘイスティングス

森の中で首を切られた若者の遺体が発見される。その森には、18世紀に魔女狩りで殺されたマギーという女性の霊が住み着き、人間の首をはねるという言い伝えがあった。若者は映画学科の学生で、マギーを主題にした映画の製作のために森へ入ったグレアム・ヘイスティングスと判明。遺体には1800年ごろに絶滅したベツラ・ウベルという木のの破片がいくつも付着していた。

グレアムが持っていたビデオカメラの映像を復元したところ、恐怖に脅えて叫ぶ若者たちの姿が残されていた。ブースはグレアムとともに森へ入った学生のブライアンとローリーの話を聞くが、森で何か恐ろしい体験をしたらしいという程度しかわからなかった。ブレナンは、被害者の兄ウィルと会い、自分と似た境遇だったことにシンパシーを抱く。

グレアムの遺体には、腕をつかんで引きずった痕跡があった。またホッジンズは殺害現場にカナダツガという群生する植物があったことを突き止め、アンジェラとともにビデオ映像を精査して、現場を探す。

その後、血まみれの斧と頭蓋骨が発見され、その近くでさらに別の人骨が発見される。頭蓋骨はグレアムのものだったが、もうひとりは1800年前後に死亡した30代の女性。斧の材質は、遺体に付着していたものと同じベツラ・ウベルだった。女性の頭部には、18世紀に魔女に対して行われたと言われる、脳外科手術の痕跡があった。

一方ブースは、グレアムの荷物の中にあった脚本が、ブライアンの作品とほぼ同じであることに気づいていた。ブライアンは脚本を盗用したことは認めたものの、殺害は否定。その後、ブライアンの供述とアンジェラとホッジンスの調査結果から、場所を絞り込んで捜査したところ、血にまみれたローリーの服が発見されるが、それは牛の血。さらに、18世紀の人骨は学術機関に保存されていた物と判明。魔よけや牛の血とともに、「魔女伝説」の映画のためにお膳立てされた小道具のひとつだった。

その後、アンジェラはさらにビデオ映像を精査し、現場にグレアムら3名以外の人物がいたことを割り出していた。そして斧の血痕からはグレアム以外の人物のDNAが検出されていた。グレアムの近親者で遺伝子に共通点が多いため、判別が困難だったのだ。

その夜、ウィルはグレアムに頼まれて森へ同行し、魔女の呪いの舞台を仕立て上げた。その後、グレアムがローリーに牛の血を浴びせ、ドラッグを投与したことで「もう協力はできない」と争いになった。その後グレアムの首をはねたことは「マギーが自分にやらせたことだ」と主張する。


感想

今回は「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」のパロディということで、場面切り替えで急に白黒になったりノイズが入ったりするのは元ネタの映像手法を取り入れたのだそうだ。「だそうだ」というのは、元ネタを見ていないので確信がないから(だって怖そうじゃん……)。Amazonで説明を見てみると「ドキュメンタリー映画を撮るために魔女伝説の残る森に入った3人の学生たちは、キャンプを張る。しかし、彼らはそのまま消息を絶ち、1年後に撮影されたビデオだけが見つかった。」となっているので、状況設定はほぼ「そのまま」な感じなのかな。

映画学科の教授ネイト・ギボンズを演じた Joshua Leonard は「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」に出演していた俳優なので、これもパロディに一役買っているということか。でも、それ以外にどこかで見た! と思っていたら、CSI:Miami に登場した、やる気のない銃器ラボ員だった。

ウィルがブレナンに妙になれなれしくする様子を見て「この人が……?」と思った予感は外れていなかったけれど、動機はさっぱり見当がつかなかった。最後まで見ても、やはりピンと来ない。争いになって、はずみで死なせてしまうことはあったにせよ、何で首をはねて森に放置?

それにしても、こういうネタが出て来る時はやはりグッドマン所長が懐かしいなぁ。所長がいたらどんな面白い話が聞けたかと、やはり思ってしまう。

ブースがブレナンに「君との付き合いは男同士のようなものだ」と言ったくせに、ブレナンから「じゃ私にとってあなたは女ってこと?」と返されて「いや、それは……」とムッとしたように戸惑う場面。あの反応が本気でわからなかった私はブレナンに毒されすぎ? だって当然の類推だと思うんだけど。しかし、最後に「ウィルに利用されていた」とがっかりしているブレナンをブースがハグする場面、あの手つきはどう見ても “guy hug” じゃないなぁ。

Yoko (yoko221b) 2008-10-17

bones/s02/032_the_headless_witch_in_the_woods.txt · Last modified: 2020-05-13 by Yoko