Homicide: Life on the Street

Homicide:Life on the street

 Homicide: Life on the Street (ホミサイド/殺人捜査課)は、米NBCネットワークで1993年から1999年まで放送されたドラマシリーズです。メリーランド州ボルティモアを舞台に、殺人課刑事たちのリアルな生活を赤裸々に描いた作品として評価されています。

 製作はポール・アタナシオ、バリー・レビンソン、トム・フォンタナ。新聞記者デイヴィッド・サイモンのノンフィクション作品 Homicide: A Year on the Killing Streets を原案としており、描写される事件の中には現実に基づいた物が多くあります。サイモンはその後、同じくボルティモアを舞台とする作品 The Wire を製作しました。

 Homicide には、Law & Order とクロスオーバーするエピソードがあります。また、マンチ刑事を演じたリチャード・ベルザーは、本作品の終了後に Law & Order のスピンオフ作品 Law & Order: SVU(性犯罪特捜班)に同じマンチ刑事役でレギュラー出演し、また前述の The Wire にもマンチ役で一場面だけカメオ出演しています。

 日本では2001年に現スーパー!ドラマTVで放送され、また地上波で放送されたこともあったようです(未確認)。日本版DVDはシーズン1と2のみがリリースされています。

―

□ 詳細情報

 シーズン別にエピソード・ガイド、放映時期、DVD情報などをご紹介しています。シーズン1と2のエピガイは簡易版のみで感想をblog版に記載しました(全話ではありませんが…)。シーズン3からのエピガイは詳細版になります。

 シーズン構成は、米国版DVDと他国版(日本語版や英国版)で異なっています。ここでは日本/英国版に準拠し、米国のシーズン1と2をまとめて「シーズン1」とし、全6シーズンで完結とします。

□ その他の情報