Homicide: Life on the Street - Season 2

Table of Contents
―

■ 放映時期

  • 1994年10月〜1995年5月(米 NBC)

■ 簡易エピソードガイド

 簡単なあらすじのみです。感想はblog版に記載しました。

14. Nearer My God to Thee 神に召されて

 社会活動家の女性が殺害され、新しくシフト責任者になったラッサート警部補が担当することになる。被害者は被虐待女性のためのシェルター運営などの業績がある有名人のため、上層部はジャデーロチームとの合同捜査を命ずる。フェルトンは妻と別居。マンチとルイスは共同でバーを開店しようと計画し、ベイリスもそこに加わる。

15. Fits Like a Glove 残された手袋

 ラッサートの担当する事件は、同じ手口で殺害された別の女性が発見されたことで、連続殺人事件とわかる。チーフのギャフニーが捜査上でミスをしたことがわかり、ラッサートは彼を捜査から外し、ペンブルトンを新しくチーフに任命する。ハワードはフェルトンの浮気相手の正体を知る。酒類販売免許の申請手続きの際に、ベイリスの過去が明らかになる。

16. Extreme Unction 過激な愛情

 女性連続殺人事件で有力な容疑者が浮かぶ。ペンブルトンは独特の尋問で自供させようとするが、弁護士が到着して失敗。容疑者は多重人格(解離性同一性障害)を主張する。

17. Crosetti クロセッティ

 休暇を取っていたはずのクロセッティ刑事が水死体となって発見される。状況からは自殺の可能性が高かったが、パートナーだったルイスは他殺を主張する。ボランダーとマンチが事件を担当するが、クロセッティが自殺したと信じたくないルイスは、聞き込みの先回りをして捜査を妨害。

18. The Last of the Waterman 漁師と殺人

 事件の連続に疲れたハワードは、休暇を取ってチェサピーク湾沿いにある実家へ帰ってしまう。だがそこで殺人事件が起き、事件に慣れていない地元保安官は、ハワードに協力を要請する。一方ボルティモアでは、フェルトンがペンブルトンとコンビを組む。

19. A Model Citizen 模範市民

 ルイスは、犯罪現場の模型を作る職人のエマと出会い、一目で恋に落ちるがフラれてしまう。だがその後、冷やかし半分にエマを見に来たベイリスが彼女と惹かれあってしまい、ルイスとベイリスの仲は険悪に。ペンブルトンとラッサートは、連続殺人事件の容疑者に訴えられる。

20. Happy to Be Here 実らない恋の行方

 フェルトンは家を出て行った妻の行方を捜す。ルイスとボランダーは、新聞記者がレストランで射殺された事件を担当。ベイリスはエマとの関係に悩む。

21. All Through the House イブの夜に

 クリスマスイブの夜、ジャデーロ班は深夜勤務。マンチとボランダーはサンタの扮装をした男が殺害された事件を担当。自宅へ行ってみると幼い息子が1人で父親の帰りを待っていた。ルイスは女性が焼死した事件を担当。その被害者は、ラッサート班が扱った事件の証人だったため、ラッサートが捜査に同行。仕事のないベイリスはジャデーロをトランプゲーム「ハーツ」に誘う。

22. Nothing Personal 女性刑事の意地

 ジャデーロ警部補は、クロセッティが抱えていた未解決事件を1つずつ他の刑事たちに割り振る。中でも最も解決が難しいと思われていたチルトン事件は、解決率100%を誇るハワードの担当になる。フェルトンは妻との仲をうまく修復できず苛立つ。ジャデーロはメーガンとその友達のアマンダと3人で食事をする。

23. Every Mother's Son 二人の母

 ボウリング場で13歳の少年が射殺される。撃ったのは14歳の少年。被害者の母親と容疑者の母親は、警察署でお互いの素性を知らないまま意気投合する。マンチ、ルイス、ベイリスの共同出資によるバーはオープン準備が整うが、まだまだ前途多難。

24. Cradle to Grave ゆりかごから墓場まで

 ペンブルトンは、連邦議会議員の誘拐事件を捜査するよう、副本部長から直々に指示される。だが捜査を始めてみると、実は誘拐は狂言。議員が政治生命を断たれることがないよう、副本部長は事件をもみ消すよう指示。しかしその件がマスコミに漏れ、ペンブルトンは窮地に立たされる。ルイスとマンチは暴走族のからむ事件を担当。

25. Partners 虐待

 ラッサートは元パートナーのジョーンズ刑事を殺人課に配属させるが、妻のナタリーがしょっちゅう怪我をしていることを知り、虐待を疑う。ペンブルトンは議員誘拐事件に関して証人として召喚される。ルイス、マンチ、ベイリスのバー「ウォーターフロント」が、ついにグランドオープンを迎える。

26. The City That Bleeds 流血の街

 少年の誘拐殺人事件を捜査するハワード、フェルトン、マンチ、ボランダーは、性犯罪の前歴のある男のアパートへ踏み込もうとするが、その玄関先で銃撃を受ける。マンチだけは無事だったが、他の3人はそれぞれ銃弾を受けて病院に運ばれる。ペンブルトンの指揮の下、警官たちは一丸となって元の容疑者ホルトンを追うが……。

27. Dead End 袋小路

 いったん取り逃がしたホルトンだが、その後ようやく逮捕される。だが取り調べてみると、ホルトンは少年を殺害した犯人ではあったが、刑事たちを銃撃したわけではなかった。逮捕状に住所の誤記があったことがわかり、警察上層部はジャデーロの確認ミスを疑い、ラッサートに調査を命ずる。

28. End Game エンドゲーム

 刑事銃撃事件は振り出しに戻り、現場になったアパートの住人で銃器不法所持の前歴のある男が捜査線上に浮かぶ。ペンブルトン、ルイス、ベイリスはその男プラットを徹底的に取り調べるが、自供も証拠も得られず、釈放せざるを得なかった。その数時間後、連絡を受けてベイリスが現場へ出かけてみると、そこには射殺されたプラットの遺体があった――。

29. Law and Disorder 未解決事件

 ベイリスはプラット殺害事件を捜査するが、応援もつけてもらえず手がかりもなく捜査は難航。ペンブルトンとルイスは広場で女性が射殺された事件を担当。ストリートギャングの仕業と思われたが、事件は意外な展開を迎える。フェルトンは退院して現場に復帰しようとするが、まだ時期尚早の様子。警察の向かいにあるギャラリーには、ヒッピー時代のマンチの写真が展示される。

30. The Old and the Dead 復帰

 ハワードとボランダーが職場に復帰。ハワードはデスクワークをさせられるが、それでも事件を解決。ボランダーはマンチとともに大富豪夫妻が殺害された事件を担当し、マンチが保護者的に振舞うのが不満な様子。グレンジャー警視が身内とグルになって施設のメンテナンスで不正をしていたことが明らかになり、警視は早期退職に追い込まれる。

31. In Search of Crimes Past 16年目の真実

 16年前に起きた殺人事件で有罪になった男の死刑執行が決まる。だがその直前、死刑囚の娘が警察署で立てこもり事件を起こし、再捜査を要求する。当時事件を担当したボランダーが再捜査を命じられるが、16年前のことで記録を探すのも一苦労。その後、ルイスの担当した自殺事件が意外な関わりを持っていることがわかる。

32. Colors 見えない憎悪

 ベイリスの従兄ジムがトルコ人留学生を射殺してしまう。仮装パーティに行くつもりで家を間違えたようだが、ジムは「相手が家に押し入ろうとしたので正当防衛で撃った」と主張し、目撃証言は微妙に食い違う。ペンブルトンは人種的偏見を疑い、ベイリスと険悪な雰囲気になってしまう。

33. The Gas Man ガス・マン

 6年前にペンブルトンが逮捕して収監されていた男が釈放され、復讐のためペンブルトンを付け狙う。彼はガス器具の設置業者だったが、ガス漏れ事故で死者が出たため逮捕されたのだ。事故だったのに犯罪者にされたと恨んでいたのだった。男はペンブルトンの担当する事件の証拠品を偶然手に入れ、それを使って彼を陥れようとするが……。

■ DVD