映画「ヒトラー暗殺、13分の誤算」

投稿者: | 2015-11-24

少し更新間隔があいてしまいましたが、ドイツ映画第3弾。こちらの舞台は1939年11月のミュンヘンで、ヒトラーは完全に権力を掌握し、ポーランドに侵攻してブイブイ言わせていた頃です。この時代に、ひとりの平凡な家具職人がひそかにヒトラーの暗殺を企てた――というお話。

ヒトラー暗殺、13分の誤算
公式サイト

物語は、主人公が爆弾をしかけたものの暗殺には失敗してしまう(これは史実なのでネタバレにはなりませんよ)ところから始まります。

そこから苛烈な尋問と主人公の回想シーンが交互に描かれます。拷問シーンはかなり痛そうで、苦手な人には辛いかもしれませんが、どちらかというと回想シーンの方がメインかな。ドイツ社会が少しずつ、しかし確実に変わっていく様子が恐ろしくもあり、興味深くもあったと思いますし、自分の生きている今のこの時代にも、言い知れぬ不安を感じさせられます。

その中で、平凡な家具職人だった主人公エルザーが独裁者の危うさを見抜き、たった一人であれだけの計画を立てて実行に移せたというのは、確かにちょっと信じがたい話ではありますね。

ところで、親衛隊の幹部ミュラーを演じていたのが、「顔のないヒトラーたち」で検事(主人公の同僚)を演じていたのと同じ人でした。この2本を続けて見ると、ナチの高官が戦後素知らぬ顔で検事になって昔の仲間を訴追しているみたいではないですか。