2016-17 米国ドラマあれこれ:(1)今年もフランチャイズ作品群

投稿者: | 2017-08-13

もうあと1ヶ月もすれば新シーズンが始まるという季節になりましたが、昨シーズンの米国ドラマ事情を振り返っておきます。米国での最新エピソードを追いかけているわけではないので、ストーリーについての言及はありませんが、人事や設定についてのネタバレはあります。

昨年は主にCBSとNBCのフランチャイズ作品群について書きましたが、今年も終わってみてやはり気になったのはその点かな……ということで。

CBSでは「クリミナル・マインド」のスピンオフ「国際捜査班」が2シーズンで終了になりました。こちらも短命でしたね。クリマイにスピンオフは向いていないのかもしれません。幅を広げるより、事件描写を深く追求する方向に力を使ってほしいような気がします。

それよりクリマイはホッチがあんな形で降板してしまったというダメージの方が心配です。ホッチ役のトーマス・ギブソンが撮影現場で暴力を振るったことが原因で(実際どうだったかは、両者の言い分が対立しているようなのですが)、最初は「2話だけ謹慎」と報じられましたが、その後すぐに「解雇」となりました。

劇中ではさすがにホッチが死ぬという展開にはならなかったようで、それだけは安心しましたが(だってフィクションとはいえジャックがかわいそうすぎる…)、でももうホッチが戻って来ることはないのでしょうね。事情が事情だけに、お別れエピどころか、ホッチ自身のさよならメッセージもなし。10年以上にわたって番組を牽引してきたホッチがこんな去り方で良いのでしょうか。ホッチの後任のユニットリーダーとしてプレンティスが復帰したこと自体は歓迎したいと思いますが(これ以上のキャスティングは考えられませんよね)。

CBSにはもう1組のスピンオフグループ、NCIS/NCIS:LA/NCIS:NOがあります。NCISからはマイケル・ウェザリーが降板しましたが、彼が主演する新作 “Bull” はめでたくシーズン2更新が確定。NCIS三兄弟もそろって更新が決定し、今の所は順調ですね。去年は「LAが最初に終わるんじゃないの?」なんて失礼なことを言ってしまいましたが、LA頑張ってるじゃないですか! 今まで日曜や金曜に異動したドラマは、そこで「余生を過ごす」感があって、1~2年で終わるんだろうな~なんて思っていましたが、最近はそうでもないですね。同じく月~木からの異動組である「ハワイ5-0」や「エレメンタリー」もまだ続きます。

さて、スピンオフ作品が目立つもう一方の局、NBCはどうかといいますと。

シカゴシリーズ、Fire/PD/Med の3本はめでたく継続が決まりましたが、最新スピンオフの “Chicago Justice” は残念ながら1シーズンで終了。PDと組んで “Law & Order: Chicago” みたいな構成になるのかなと思っていたのに、残念です。

色々な点で「Law & Order: TBJ(陪審評決)」を想起させる作品ではありました。シリーズ内4作目、法廷中心の内容、全13話、3月に放送開始、金曜/日曜という力を入れているとはとても思えない放送枠。1シーズンでキャンセルという運命まで同じでした。「シカゴシリーズはまだシリーズ全体が若くて勢いがあるから……」なんて思っていましたけど、甘かったですね。

しかし主人公のピーター・ストーンを演じたフィリップ・ウィンチェスターは同じ役で「Law & Order: SVU(性犯罪特捜班)」に異動とのこと。シカゴからNYの検事局へ移って来るようです。ピーター・ストーン検事は、名前でピンとくる方もおられると思いますが、「Law & Order」本家キャラに関連ありです。なので、シカゴよりSVUの方がむしろ馴染みやすいかも。

SVUは9月からシーズン19が始まります。これはもう、ウルフさん悲願の最長記録、シーズン21も夢ではないですね。マリスカの出演契約が大丈夫なら行けそうな気がします。本家18~19シーズンの頃より余裕があるんじゃないでしょうか。

それから、本格的なフランチャイズにはなりませんでしたが、「24」のスピンオフ「24: レガシー」もありました。これも1シーズンで終わってしまいましたね。早々に日本に来たので見ましたが、正直あまり面白くなかったな~という印象。どこがどうとは言いにくい部分がありますが、何となくメリハリに欠けるというか……個別のエピソードを見ると、けっこうテンポの良い部分などはあったと思うのですが。個人的に最もがっかりだったのは、トニー・アルメイダの使い方でした。

そんなこんなで、行方を見守っている作品はいくつかありますが、でも私としては「CSI」が完全に姿を消したTVシーンは寂しい。新しいCSI作品を見てみたいなぁと思います。科学捜査があってテーマソングがザ・フーなら、場所はどこでも良いので。