新年の手帳雑感 (2)フランクリン・プランナー

投稿者: | 2012-01-12

今年から(正確には去年の年末から)使い始めたフランクリン・プランナー、けっこう続いています。2週間程度で「けっこう続いている」もないかもしれませんが、私としてはFP入門3度目(つまり過去2回挫折)にして最も長く続いているのです。これでも (^^;

仕事の内容を記録する「業務日誌的デイリーリフィル」としては、もう何年も前にファイロファックスの1日1ページを買って続かず、BINDEXの日付フリーを試しに使ってみた時もダメで、1日1ページなんて自分には無理! と思って、その後はメモ欄大き目のバーチカルを使い続けてきました。

それなのに去年の年末、なぜか急に「もっと詳細に書き込める業務日誌が必要だ」と思い立ち、トライアルセットを買って来ました。


手軽に、しかも実践的に、フランクリン・プランナーの魅力を体験できる フランクリン・プランナー【 トライアル・セット 】

このセットには2か月分のデイリーリフィルが入っているので、これをちゃんと使えたら日付フリーのリフィルを1ヶ月ぶん買って、それから4月始まりのリフィルに移行しようと思います。使えたらね。

で、このリフィルに何を書いているかというと、ToDoと仕事のメモです。左端のToDoにその日やることリストを書き、その隣の Appointment Schedule には、時間軸を無視してその日にやったお仕事一覧。何を受注したか、何を納品したか等を簡単な箇条書きで書いています(スケジュールはクオバディスの方に書いているので)。右のページがまるまるメモ帳。

時間軸の部分は、リングの左隣という最も書きにくい位置にあるので、ここに書くことは項目だけで簡単に済ませます。そして右側の書きやすい位置に詳しくメモを取る。結局、この形式がレイアウト的に最も使いやすく、それがとにかく2週間も続いている理由かな……と、自分では思っています。

マンスリーとウィークリーはちょっと持て余し気味。これはスケジュール管理にクオバディス(エグゼクティブ)を既に使用しているからだと思います。

さて、せっかくフランクリン流に(再)入門するのだから、ということで、調子に乗ってこれも読んでみることにしました。

7つの習慣-成功には原則があった!

著者/訳者:スティーブン・R. コヴィー

出版社:キングベアー出版( 1996-12-25 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,980

単行本 ( 492 ページ )

ISBN-10 : 4906638015

ISBN-13 : 9784906638017


まだ読み始めたばかりで、手帳に反映させるところまでは到達していません。よってミッション・ステートメントとか何とかシートとかコンパスとかそういったものはまったく手付かず。とりあえずは、このままデイリーを使い続けて、並行してフォームの自作をいろいろ試行錯誤してみようと思います。

バインダーはまだ買いません。今のところ、トライアルセットに付いてきた簡単なバインダー(これ、無印で売っているPP製のとほぼ同じサイズです)と、BINDEXの保存用バインダーで間に合っているので。FPのリフィルは通常のバイブルサイズよりやや幅広ですが(穴の位置は同じです)、下記のバインダーだとぎりぎりで入ります。でもインデックスタブははみ出すと思うので、年間リフィルを買うなら純正のが必要かな。それはまた後で考えます。


バイブル サイズシステム手帳 【日本能率協会/Bindex】671 バイブルサイズ 保存バインダー3

(この項、まだ続くかも…)

新年の手帳雑感 (2)フランクリン・プランナー」への2件のフィードバック

  1. 海外ドラマン

    はじめまして。

    ネットサーフィンをしていたらこちらにきました。

    7つの習慣いいですよね!

    私も購入したのはもう6、7年前ですが未だに読んでいます。

    まだ本のような人にはなれていないのでw

    ちょこちょこ読むのがいいですね♪

    また遊びにきます。

  2. yoko

    海外ドラマンさん、コメントありがとうございます。(^^)
    『7つの習慣』、いま忙しくて最初の方しか読めていないのですが、
    じっくり向き合ってみたいと思っています。
    1回読んで終わり、じゃなく読みながら少しずつ精進していきたいですね。
    (思っているだけじゃダメなんでしょうが…)

コメントは停止中です。