「マックス・ヘッドルーム」について

 「マックス・ヘッドルーム」とは、俳優マット・フルーワーの映像を加工したCGキャラクターであり、同名の映画およびTVシリーズの重要な登場人物(主人公の分身)である。

 彼は、1984年にイギリスのチャンネル4でで誕生した。ただし映画の主役ではなく音楽番組のバーチャル司会者として。当初は、音楽ビデオの合間に司会者マックスの誕生秘話が5分程度のビデオに編集されて流されるという予定だった。

 しかし、「司会者マックス」はついにブラウン管に現れることはなかった。理由は不明だが(おそらく、音楽のつなぎにするには不釣り合いなまでにストーリーがふくらんでしまったのだろう)、企画は変更され、マックスは映画デビューすることになった。それが1984年にイギリスで制作された「マックス・ヘッドルーム」である(これについては、「イギリス版パイロット」として後述)。

 マックスはその後コーラのCMやトークショーのキャラクターなどに採用され、1987年にはアメリカのロリマー社が権利を買い取り、一連のTVシリーズ(14話)が作成された。日本ではキヤノンのCMキャラクターにもなった。



テレビシリーズの背景

 20分後の未来――そこではTVネットワークが世界中を支配し、政治も経済もすべて、TVを介して運営されていた。テレビは電源を「オフ」にすることはできない(オフ・スイッチは重罪である)。

 都市部には、あらゆる場所にコンピュータとTVのネットワークがはりめぐらされている。そして都市の外には「外辺(フリンジ)」と呼ばれるスラム地帯が広がっていた。外辺では人身売買や非合法活動が公然と行われている。管理体制に反対し、コンピュータから自らの記録を削除した「ブランクス」と呼ばれる反体制分子もそこで活動している。