TWIN PEAKS FAQ 3.0 日本語版


データ集のトップへ戻るFAQのトップページへ戻る



マーク・フロスト(MARK FROST):
=============================


M1. マーク・フロストの映画/番組は他にありますか? M2. TPでリンチとフロストはどの程度協力していたのですか? M3. Lynch/Frost Productionsはどうなったのですか? M4. "Storyville" とは何ですか? M5. "The List of Seven" とは何ですか? M6. "The Six Messiahs" とは何ですか? 答: M1. マーク・フロストの映画/番組は他にありますか? - "Hill Street Blues" (TVシリーズ) - "Storyville" (映画、後述) [他の作品はTBS] ページの先頭に戻る ----------------------------------------------------------------------------- M2. TPでリンチとフロストはどの程度協力していたのですか?  最初はとても緊密でした。二人はパイロットと第1シーズンのストーリーを共同で製 作しました。フロストは第2シーズンでローラ・パーマー殺人事件が解決するまで、エ グゼクティブ・ストーリー・エディターでした。リンチは、第2シーズンでは最初と最 後の話に主に関わっていました。噂は絶えませんが、リンチは映画「ワイルド・アッ ト・ハート」を完成させるために第2シーズンなかばでTPを捨てたわけではありません (詳細は"Wrapped in Plastic"16号のタイムラインを参照)。  視覚的なスタイルは基本的にリンチのもので、他の監督たちはその方式を維持しよ うとしました。  フロストの小説"The List of Seven" (M5を参照)を読むと、それまでリンチの発案 と思われていた、番組の超自然的/神秘的な側面が、実はフロストのものであったらし いということがわかります。  リンチとフロスト以外には、脚本家のハーレイ・ペイトンとロバート・エンゲルス がTPの内容に最も強く影響を与えています。ペイトンによると("Wrapped In Plastic" のインタビュー)、第1シーズンの脚本家にはエピソードの詳細なあらすじが渡された そうです。独自の要素を加えることもできましたが、リンチとフロストが適切と判断 した場合に限られていました。第2シーズンではそれほど詳細なものではなかったよ うです(おそらくそれが、第2シーズンは良くないと感じる人がいる理由の一つなので しょう)。  しかし主な理由の一つは、クープとオードリーのロマンスを発展させ、それをロー ラ・パーマー事件に代わる主軸とすることに、カイル・マクラクランが反対したこと です。ローラ・パーマー事件が終わった後のドラマ内容の多くは、クーパー/オードリ ーというメインプロットに対するサブプロットになりそうなものでした。  リンチが第2シーズンの最終エピソードで戻って来た時、彼は大量の脚本原稿を窓か ら投げ捨てました(Wrapped In Plasticの中の、脚本を読む記述からわかります)。 リンチは他の脚本家とはまったく連絡しておらず、最終エピソードの中には、彼らが 第3シーズン(があったとすれば)のために構想していた内容に沿わないものがいくつか ありました。"Wrapped in Plastic"では、物事を予定の軌道に戻すのがたいへんだっ たというフロストの言葉が引用されています。  リンチとフロストは結末に関して異なった構想を持っていたことは確かで、その中 には、続編でなく前日談(劇場版)を製作することにフロストが反対したことも含まれ ていますが、フロストが小説"The List of Seven"と"The Six Messiahs"(M5M6を参 照)に関するインタビューを受けた時に語った内容によると、二人は現在とても仲が良 いそうです。 ページの先頭に戻る ----------------------------------------------------------------------------- M3. Lynch/Frost Productionsはどうなったのですか?  TPの後、あまり成功しなかった番組をいくつか("American Chronicles"、"On The Air"、"Hugh Hefner: Once Upon a Time")製作した後、二人は円満に別れました。フ ロストは映画製作と作家としてのキャリアを築くことにしたのです。 ページの先頭に戻る ----------------------------------------------------------------------------- M4. "Storyville"とは何ですか?  フロストが製作した映画です。ニュー・オーリンズの政治腐敗と殺人を題材にし、 ジェームズ・スペイダーが出演しています。 It is available on video and laserdisc.  ビデオとLDになっています。 ページの先頭に戻る ----------------------------------------------------------------------------- M5. "The List of Seven"とは何ですか?  "The List of Seven"は、ヴィクトリア朝時代のイギリスを舞台にしたフロストの 小説です。主人公のアーサー・コナン・ドイルは医者で、ひまな時間にインチキ霊媒 師の正体を暴いています。ドイルは、とある降霊会に出かけます。そこでは何もかも 見かけどおりではないのですが、実はそれが現実であったとわかります。調査を進め ていく途中で、彼は謎めいた男ジャック・スパークスに出会い、この男が後にシャー ロック・ホームズのモデルになります。  TPファンにとっては、フロストによるヘレナ・ブラヴァツキー(神智学の創始者で、 ホワイト・ロッジのアイデアの元になっている)と「境界域の住人」の扱い方が面白 いでしょう。  噂によると、この小説の映画化が進んでおり、フロストが脚本を書くそうです。 (訳注: 日本語版は『リスト・オブ・セブン(上/下)』(飛田野裕子訳・扶桑社ミステリー) ページの先頭に戻る ----------------------------------------------------------------------------- M6. "The Six Messiahs"とは何ですか?  フロストの小説で"The List of Seven"の続編です。これもアーサー・コナン・ドイ ルの冒険を描いていますが、今回彼はシャーロック・ホームズ・シリーズの執筆を終 えてアメリカ合衆国を訪れています。  この本に何度も繰り返し登場するテーマの一つは、ドイルがホームズのファンから 何度も、なぜホームズを殺したのか、将来復活することはあるのかと問い詰められる ことです。これは、フロスト自身が"The List of Seven"出版後に行ったツアー(講演 会やサイン会など)で、TPファンから問い詰められたことへの露骨な批判になっていま す。 (訳注: 日本語版は『ドイルと、黒い塔の六人(上/下)』(飛田野裕子訳・扶桑社ミステリー) ページの先頭に戻る =============================================================================