TWIN PEAKS TIMELINE 日本語版


データ集のトップへ戻るTIMELINEのトップページへ戻る

| TIMELINE 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13


3月3日(金)       [Episode 2001 - 9/30/90
                  脚本: マーク・フロスト
                  脚本: デイヴィッド・リンチ]

   早朝 (4:45? am)
   -- ルーム・サービスのウェイターがクーパーの部屋にホット・ミルクを持って来て、
      アンディからの電話を切り「うわさは聞いていますよ」と言う。
   -- 巨人が現れる。
      巨: 3つのことを言っておく。言ったことが実現したら、私を信じるか?
      ク: 誰だ?
      巨: 友人だと思いたまえ
      ク: どこから来たんだ?
      巨: {首を振る} その質問はこうだ……どこへ行ったのか?
          まず1つ、笑う袋の中に男がいる。
      ク: 笑う袋に男が……
      巨: 2番目、ふくろうは見かけとは違う。
          次に3番目、薬なしで男は指さす。
      ク: どういう意味だ?
      巨: 私に言えるのはこれだけだ。指輪をわたしなさい。今言ったことが現実に
          なれば、その時に返す
      {クーパーの指輪を取る} 我々は協力しに来たのだ
      ク: 我々?
      巨: 最後に言っておく。レオはハングリー・ホースで服役していた。手がかり
          はレオの家にある。君には医者の手当てが必要だ。
   -- ジェリー、ブラッキーにヘロインを渡す。
   -- オードリー、ベンから巧みに逃げる。ベン、ジェリーに呼ばれる: ベン兄さん、
      S-N-A-G だ
   -- クーパー、思い残したことをダイアンに話す。アンディ、ホーク、トルーマン
      が到着する。

   7:45 am (ドク→クーパー)
   -- ルーシー、クーパーに経過を報告する。トルーマンとドク・ヘイワードがいる。
      ク: ドク、意志の力によって肉体の回復力も飛躍的に向上するのだ。服を着た
          いので2〜3時間ほどくれないか。
   -- シェリー、病院のベッドでボビーを想って泣く。

   朝
   -- クーパー、ジャックの遺体が袋に包まれて運ばれていくのを見る。
    ク: あの袋は笑っているか?
    トルーマン: 笑う?
    ルーシー: 何を笑うことがあるのよ
   -- ロネット、幻を見る。「ローラ……」

   昼
   -- サラ、マディーにベス(マディーの母)が恋しくないか尋ねる。マディー、夢の
      話をする(絨毯)。リーランド、"Mairzy Doats"を歌いながら現れる(白髪)。
    Mairzy doats and dozy doats
    and little lambzy divy.
    A kiddly divy, too, wooden shoe?
    Now if the words sounds queer,
    and funny to your ear,
    a little bit jumbled and jivy,
    Sing:
    Mares eat oats and does eats oats
    and little lambs eat ivy.
    A kid'll eat ivy, too, wouldn't you?
      マディ、絨毯に何かを見る。[ヨーロッパの版のTVでは、“ボブ”の顔が浮かぶ]
   -- ベン、ジェリーにキャサリンとレオの様子を確認させる。
      リーランド、Mairzy Doatsを歌いながら現れる。ベンとジェリー、踊る。
   -- クーパー、レオに何が起こったかを推理する。
      ク: 保安官、シェリーのことは忘れてくれ、今だけでいいから
     ホーク、ガソリンのにおいに気づく。アルバートと部下が到着する。アンディ、
    溝板に頭をぶつけてニワトリ歩きをする。板の下に、サークル印のブーツとコカイン。
      アルバート: 歴史に残る法の執行だな
   -- 「うーん、このパイは最高だな!」
   -- マディ、RRでドナと会い、ドナが欲しがっていたローラのサングラスを渡し、
      自分の眼鏡を壊す。昨夜四阿であったことは黙っておくことにする。
      ド: あなたが髪を洗ったら、お日様は昇らなくなるかもね。そんなこといちい
          ち気にしていられないわ。
     ノーマ、「昨日」RRに届いた手紙をドナに渡す。「給食センターに注意しろ」
    丸太おばさん、ガムを噛む。
   -- アルバート、クーパーの傷を調べる。「犯人は右利き、身長は5フィート6イン
      チから10インチ、3フィート以内から撃たれている」
      クーパー、アルバートに対して地元のやり方を尊重するように言う。
      ア: いいさ。広場で踊って干し草ですべって遊んでやる
     アンディ、レオが88年の2月9日にはハングリー・ホースの刑務所にいたことを
    報告する。
      アル: 犬小屋はどこだ?
   -- OAM、トルーマンに「靴を売る」(→ルーシー)ために事務所を訪れる。
   -- トルーマン、ジェームズを尋問する。クーパー、ジェームズにペンダントを渡
      すように言う(ジェームズ、渡す)。
      ク: ジャコビーか! 彼が関わっているとは思わなかった
     今回は、運が良かった
   -- ドナ、ローラのサングラスをかけて事務所に現れ、留置場でジェームズと面会
      する。
      ジ: いつから煙草を?
      ド: 時々ね。いらいらした時なんかに
      ジ: なんでいらいらしてるんだ?
      ド: 煙草を吸うから
   -- クーパー、アンディとルーシーに『肉体の世界』のバックナンバー3年分をチ
      ェックして、テレサ・バンクスを探すよう指示する。
      ク→ダ: ダイアン、『肉体の世界』のバックナンバーが届いたよ。ありがとう。
          司法への協力はありがたい。人の弱みにつけこむ企業が協力するときはな
          おさらだ。
   -- ヘイワード、ジャコビーの傷を調べる。ジャコビー、病院の食事に辟易してい
      る。クーパーとトルーマン到着。クーパー、ジャコビーにペンダントについて
      質問する。
      ク: もう戯言や魔法トリックや心理学の何だかんだはごめんだ
     ジャコビー、ローラが死んだ次の夜にレオを尾行したが見失い、ジェームズと
    ドナを見かけてペンダントを掘り出したと話す。
      ジ: ローラは、二重生活を送っていた。ローラの中に2人のローラがいた。だ
          が、最後に会ったとき……ローラはある種の静けさをたたえていた。今に
          して思うと、あの時、彼女は死ぬつもりだったのではないかと……
      ト: ローラが死にたがっていたと?
      ク: ドクター、ローラは自殺したんじゃない。
      ジ: ああ、わかっている。だが、殺されてもいいと思っていたのかもしれない。
     ジャコビー、昨夜エンジン・オイルの焦げるにおいがしたと話す(正確には四阿
    のところ、ジャコビー(催眠療法中)→クーパー、2003)
   -- ボビー、シェリーを見舞い、花束を渡す
   -- クーパーとトルーマンとアルバート、病院にいるボビーを見つける。
      アルバート: トルーマン保安官、さすが捜査の天才だな。まったくありがたい
      廊下でエドに会う。
      エド: クーパー捜査官、おれは運命なんて信じてなかった。いつも、自分の道
          は自分で切り開き、自分のことは自分でして、後始末も自分でやるのだと
          思って来た。
      ア: 明るい農村物語か?
      クーパー: アルバート、ぼくはエドと話してるんだ
      トルーマン: アルバート、コーヒーおごってやる
     エド、自分はノーマと交際していたのにネイディーンと結婚したこと、新婚旅
    行で誤って彼女の眼を撃ってしまったことを話す。ジェームズ、見舞いに来る。
    クーパー、笑う袋を見る。アルバート、グレート・ノーザン・ホテルにチェック
    インする。
    ク: ハリー、グレート・ノーザンでアルバートの用事が終わったら事務所に戻
        るよ。すべてを明らかにできそうだ
    ト: 石とビンが要るか?
    ク: チョークと黒板でいい
    ト: ジェリー・ドーナツは?
    ク: もちろんだ、ハリー
   -- 医者→看護婦: おい、冗談じゃないぞ。あの食事は何とかしろ
      病院の食事にむかついているピート。
   -- ノーマ、病室にシェリーを見舞い、その後ネイディーンを看病するエドを見る。
   -- ボビー、RRで父親と話をする。
      父: ボビー、ちょっと話をしないか
      ボ: いいよ
      父: 昨夜、私は幻を見た。夢ではない……夢は、潜在意識がその日の出来事を
          並べただけのものだ。あの幻は山の小川のようにあざやかで澄み、心の中
          をはっきりと映し出していた。その中で、私は広い館のベランダにいた。
          豪勢な宮殿のようなところだ。輝く大理石が内側から光を放っているよう
          だった。私はその場所を知っていた。自分の生まれ育ったところだったの
          だ。そこへ帰るのは初めてだった。自分の存在の奥深くの源と再会できた
          のだ。周囲を歩き回り、屋敷がきちんと手入れされていることに気づいて
          幸福になった。部屋はいくつも増築されていたが、もとの屋敷と申し分な
          く調和しており、違いはわからないほどだった。玄関の広間に戻ると、誰
          かがドアをノックした。我が子がそこに立っていたのだ。彼は幸せそうで、
          悩みもなく、調和と喜びの人生を歩んでいた。我々は天真爛漫に、愛情の
          こもった暖かい抱擁を交わした。この瞬間、我々は一つになった。そこで
          幻は消え、目が覚めた――おまえとおまえの将来に対する希望と信頼が心
          に満ちていた。これはおまえの幻だったのだ。おまえとこの話ができて、
          とても嬉しい。おまえには、最高の悦びだけを望んでいるよ
      ボ: ありがとう、父さん
     ボビー、感動している様子。ハンク、ブリッグスにパイの味を聞き、敬礼する。
   -- ノーマ、シェリーの様子をハンクに話さない。ボビー、レオを撃った男はハン
      クだと気づく。
   -- クーパーとアルバート、2/23の出来事を話し合う。
    ク: ローラ・パーマーは殺された夜に2人と会う約束をしていた。彼女は日記に
        書いている「今夜Jに会うのが心配」このJはジェームズ・ハーレーだ。心配
        だったのは、彼にもう会わないと言うつもりだったからだ。家から抜け出す
        前に、誰かがローラに電話している。
    ア: おそらくそれはレオ・ジョンソンで、ジェームズの後で会うことになった。
    ク: ローラはジェームズに会い、12:30まで一緒にいた。その後、スパークウッ
        ドと21号線の交差点でバイクを飛び降りて森へ行った。おそらくそこで、ジ
        ャック・ルノー、レオ・ジョンソン、ロネット・プラスキと会ったのだろう。
        ジャックの小屋へ行く道のとば口まで車で行き、そこから小屋まで道を登っ
        た。丸太おばさんはその音を聞いたんだ。さて、夜中の1時ごろにジャック・
        ルノーの小屋に着いた。そこでドラッグと酒をやる。ローラは縛られ、レオ
        とジャックの両方と性交渉を持つ。鳥のウォルドがかごから放され、ローラ
        を突つく。レオとジャックは喧嘩をする。ジャックは外へ出て行き、そこで
        気絶する。気がつくと、レオも女たちもいない。おそらくレオは一人でコル
        ベットまで降りて行き、女たちは置き去りにしたのだろう。
    ア: つまりそこには、第三の男がいた。
    ク: 第三の男がいた証拠をホークが見つけた。ジャックの小屋の窓の外だ。
    ア: 第三の男はローラとロネットを列車の車両に連れて行き、そこで2人を縛っ
        た。ローラは2度目、ロネットは初めて縛られた
    ク: 犯人は鈍器でロネットを殴り気絶させた。犯人はローラの殺害に夢中で、ロ
        ネットが意識を取り戻して逃げたことに気づかなかった。
    ア: 気づかなかったか、または気にしなかったかだ。男は土を小さく盛り、ロー
        ラのペンダントをその上に置いた。次に、Rという文字を書いた紙片を切り
        取り、左手の薬指の爪の下に入れた。テレサの爪の下にはTと書いた紙が入
        れられていた。そして、血でこう書いた――「火よ 我とともに歩め」
    ク: ここで面白いことがある。その文字を書いた血液を調べたが、レオ、ジャッ
        ク、ローラ、ロネット、この4人の誰とも一致しない。
    ア: おそらく犯人が自分の血で書いたのだろう。ABマイナス、珍しい血液型だ。
        ホークが車両の5マイル先で見つけたぼろきれに、同じ血液型の血が大量に
        ついていた。そのそばには、紙くずもあった。
    ク: それも犯人が残したのかもしれない。ワシントンDCに送って調べてもらって
        いる。
    {アンディ、泣く}
    ア: わかるよアンディ、ああもっともだとも。涙、涙の物語だよな
    アンディ: アルバート・ローゼンフェルト。トルーマン保安官や他の皆の悪口を
        言うんじゃない。黙っていろ! {出て行く}
    ク: ローラ・パーマーは死んだ。ジャク・ルノーも死んだ。ロネット・プラスキ
        とレオ・ジョンソンは昏睡状態。鳥のウォルドも死んだ。残ったのは第三の
        男だけだ。
   -- トルーマン、ピートを車で送る
    ピ: 煙を吸い込むってのはひどいもんだな。バスの排気孔に口を貼り付けられた
        みたいだよ。
     ジョシー、シアトルに行くというメモを残している。3ヶ月ごとにショッピン
    グに行っているのだ。アジア系の男(ジョナサン)がジョシーに電話をかけ、その
    後香港にコレクトコールをかける。
   -- ベンとジェリー、ハンクに会う。ハンク、キャサリンを製材所に行かせ、レオ
      を撃ったことを保証する。
    ハンク: 薪割をしてたぜ
    ジェリー: 薪割? 部屋の中でか?
    ハ: レオならやりかねん
    ジ: ちょっと待て。薪割だと? 部屋の中で?!
    ハ: レオだし
      放火の罪をキャサリンとレオに着せることにする。
    ベン: ハンク、考えるのはおれたちの役目だ。おまえは手足になっていればいい。
        我々が命令するまでは何もするな
   -- オードリー、ブラッキーにオーナーを拒否したことを怒られる。
   -- アンドリュー、キャサリンを助ける (キャサリン→ピート、2014)

   夜
   -- ドナ、ノーマに電話をかけ、ローラが担当していた食事のボランティアを引き
      継ぐと告げる。
      車はRRのステーション・ワゴンを使うことにする。
   -- ヘイワード家の夕食会で、ガースティンがピアノを弾きハリエットは詩を朗読
      する。
      「それはローラ
        暗い森で光り輝く
        彼女を見た
        その微笑みを
        我ら泣き
        彼女は笑う
        我らの悲しみの中で
        彼女は踊る
        それはローラ
        我が夢の中の
        それはローラ
        その輝ける生命
        彼女の微笑みが告げる
        泣いても良いのだと
        森は我らの悲しみ
        踊りは彼女の呼び声
        それはローラ
        別れの接吻をくれたローラ」
      ドナ、傍観している。リーランド、"Get Happy"を歌い倒れる。

   11:55 pm (クーパー→ダイアン)
   -- クーパー、ベッドに入る。 ク→ダ: とても疲れた。長時間活動する人間には、
      一定期間の休息が必要なのだ。朝鮮戦争で米軍が行った実験では、眠らないと精神
      に異常をきたすことがわかった。ぼくもこの3日間、忙しくてろくに寝ていない。
   -- オードリー、クーパーに祈る。
   -- 巨人が戻って来る。
      巨: 起こしてすまない
      ク: これは夢じゃない
      巨: 言い忘れたことがある
      ク: 笑う袋は本当だった
      巨: 私の言うことに間違いはない。しゃべらないで聞きなさい
      ク: 君を信じよう
      巨: 答を一度に探してはいけない。石を1つずつ敷き詰めて、道を作れ。
          第三の男を見たのは1人だけだ。他の3人も見ているが実体は見ていない。
          君も知っているその1人が、まもなく口を開くだろう。もう一つ――君は
          何か忘れている
      ク: 何だ?
      {緑色の光がクーパーの中に入る。闇の中、1人横たわり、瞬きをするクーパー。}
   -- ロネット、幻を見る。車両、“ボブ”とローラの死体、小さな盛り土。歯を鳴
      らし走る“ボブ”。叫ぶローラ。叩き付ける“ボブ”。死んだローラ。
      だはは笑いをする“ボブ”。

3月4日(土)  [Episode 2002 - 10/6/90
             脚本: ハーレー・ペイトン
             監督: デイヴィッド・リンチ]

   朝
   -- クーパー、アルバートと朝食をとりながらチベットの話をする。
    ク: 寒き国チベットに仏教が伝来したのは5世紀だ。仏典に影響された最初の王
        は、ハササ・リグナンプサン王だった。彼とその後の数代は「幸福な世代」
        と呼ばれた。それは歴史家によって、水蛇年213年とも、水牛年173年とも言
        われている。素晴らしいだろう、「幸福な世代」だ。
    ア: クーパー、そのホホホ王とやらが仏典に触れたという話もいいんだが、それ
        より今世紀のツイン・ピークスの話をしないか。
    ク: 驚くべきことに、この2つは関係があるんだ。
    ア: そりゃ驚きだな
   アルバート、クーパーの元パートナーのウィンダム・アールが精神病院を脱走し
  た話をする。アジア系の男(ジョナサン)、クーパーがコーヒーを飲むところを見て
  いる。
    ア: ジャック・ルノーの遺体を解剖した。胃の中身はすごいぞ。ビールの缶、メ
        リーランド州のナンバープレート、自転車のタイヤ、ヤギに、小さな木彫り
        の人形だ。名前はピノキオ
    ク: 冗談だろう
    ア: おれも「幸福な世代」の一員かもな

   9:00 am (ドナ→ノーマ、 2001)
   -- ドナ、食事サービスの件でノーマに会う。

   午後
   -- ドナ、ミセス・トレモンド/シャルフォンに食事を配達する。「クリーム・コ
      ーンは頼んでいないのに。お皿にクリーム・コーンが見える?」孫がクリーム
      ・コーンを消す。「たまにはこういうこともあるわ」「J'ai une a^me solitaire
      (我が魂は孤独)」トレモンド/シャルフォン、隣のハロルドのことを話す。
      「いい娘みたいだね」
   -- クーパーとトルーマン、ロネットの病室で椅子の調節に奮闘する。2人はロネ
      ットに“ボブ”の似顔絵を見せる。ロネット、暴れる。
      「れ、列車……列車!」
   -- ベンとジェリー、帳簿の扱いで悩み、マシュマロを焼くことにする。
   -- アンディ、RRでスコッチテープ相手に奮闘する。丸太おばさんが入ってくる。
      ノーマにガムを吐き出さないように言われ、飲み込む。
    丸: 胸に光りものをつけておいでね
    少: ええ
    丸: 誇りに思ってらっしゃる?
    少: いえ、達成感はそれ自体が報酬です。誇りはかえって邪魔になる。クリーム
        を入れましょうか?
      丸太おばさん、少佐に「メッセージを伝えなさい」と告げ、再びガムを噛む。
   -- アンディ、ルーシーに自分に精子がないことを話す。
     聞いてくれ、ルーシー。ぼくはタコーマの精子バンクがドナーを募集したとき
    に応募したんだ。それは市民の義務だと思ったし、鯨も好きだったから。検査が
    終わったとき、ぼくは無菌状態だと言われた。最初は、風呂に入らなくてもいい
    という意味かと思ったけど、違ったんだ。ドクターは、ぼくには子どもができな
    いと言った。なのにどうして君は……
   -- ハンク、クーパーとトルーマンに面会し、仮釈放の書類に署名する。ハンクは
      かつてブックハウス・ボーイズの一員だった。ベンから電話がかかる: オード
      リーがいなくなった
   -- ジェリー、署名のない保険証書をベンに見せる。ベン、アイナー・トールソン
      に電話をする。リーランドがすでに電話をしていた。リーランド、“ボブ”を
      知っていると言う――パール・レイクにある父親の別荘の隣にいた男だと。
    ボ: ジェリー、リーランドを殺せ
    ジ: これは現実かな、それとも悪夢をみてるのか?

   8:08 pm (壁の時計)
   -- シェリー、生命維持装置につながれたレオを見る。ノーマ、彼女を待って車で
      家まで送る。
   -- ルーシー、電話を受けるが名乗らないので切る。
   -- オードリー、OEJでバティスに質問をする。バティス、ローラとロネットをOEJ
      に勧誘したことを話す。ローラは麻薬のせいでクビになっていた。
   -- ボビーとシェリー、レオに関して計画を立てる。

   夜
   -- クーパー、ウィンダム・アールの脱走をダイアンに報告する。少佐が訪れる。
      少: メッセージを伝えに来た
      ク: 誰からです?
      少: 私は、自分の仕事の内容を明かせない。そのことが、折りに触れて私を苦
          しめていた。秘密主義の官僚政治は、腐敗を免れない。しかしそれでも義
          務は義務として遵守すべきだと思っている
     ブリッグス、クーパーにメッセージを見せる: /THE/OWLS/ARE/NOT/WHAT/THEY/
    SEEM/(ふくろうは見かけとは違う)
     これはツイン・ピークスの森から発せられたものだった(ライリー→クーパー、
    2012)
   -- ジェームズとドナとマディー、歌を歌う。ジェームズ、マディーと見つめあい、
      ドナはジェラシーを感じる。ハロルド・スミスがドナに電話をかける。マディ
      ー、ソファを乗り越えて彼女に向かってくる“ボブ”を見る。“ボブ”、テー
      ブルの上の花瓶を押しのけるが、それは元の位置に戻っていた。
   -- クーパー、夢を見る。巨人、ロネット、歩いている男。「ふくろうは見かけと
      は違う」と巨人が言う。フラッシュ。「ふくろうは見かけとは違う」ブリッグ
      スが言う。フラッシュ。巨人。“ボブ”の顔とふくろうが重ねられる。階段を
      降りるサラ。歩いている男は“ボブ”だった。クーパー、オードリーからの電
      話で目を覚ます。オードリー、ブラッキーに捕らえられる。
   -- ネイディーン、皮の拘束具を2組ひきちぎる(ドク→エド、2003)

ページの先頭に戻る
=============================================================================