TWIN PEAKS TIMELINE 日本語版


データ集のトップへ戻るTIMELINEのトップページへ戻る

| TIMELINE 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13



3月11日(日) [Episode 2009 - 12/1/90
             脚本: マーク・フロスト、ハーレー・ペイトン、ロバート・エンゲルス
             監督: ティム・ハンター]

   朝
   -- アルバートの報告: マディーの爪の下には「O」の文字があり、手には剥製に
      したキツネの毛皮がついていた。クーパー、解決までに24時間猶予をくれるよ
      う頼む。
      アルバート: クーパー……これはおれの意見だが。この事件がどこへ向かうか
          はわからん。だが、この事件の正体を解明できるのはおまえさんだけだと
          思う。幻を読み解くなり何なりやるといい。火山の噴火口に立ち、一人で、
          自分のやるべきことをするんだ。また別の犠牲者が出る前に殺人鬼を見つ
          けなきゃならん。
      クーパー: <ため息>  情けないが、どこから始めていいのかわからない。
      ホーク: あんたはすでに道へ踏み出しているよ。行き先を知る必要はない。た
          だその道を行けばいいんだ。
   -- ジェームズ、ドナに指輪を渡す。ドナ、昨夜のことを話す。
   -- ヴィヴィアン、ノーマの卵は気に入らない様子。
   -- アンディがフランス語で「J'ai une a^me solitaire(我が魂は孤独)」とつぶ
      やき、ドナを驚かせる。
   -- ドナとクーパーとアンディ、トレモンド家に到着。若いトレモンド夫人が応対
      する。彼女の母親は3年前に死亡し、自分に子どもはいないと言う。ハロルド
      が死んだその次の朝、ドナ宛ての手紙が彼女の家に届いていた。それはローラ
      の手紙の1ページで、2月22日と23日のものだった。
    ク: ローラとぼくは同じ夢をみた。
    ア: そんなばかな!
    ク: 本当だ。
   -- クーパー、グレート・ノーザンで寝ているOAMに質問をする。
      マ: “ボブ”とおれは、ともに殺しをしていた時には完璧な関係を保っていた。
          欲望、充足、金色の輪。
      ク: 金色の輪……指輪だ。ぼくは巨人に指輪を渡した。
      マ: 我々は彼を知っている。
      ク: では彼は実在するのか。
      マ: おれと同じようにな {笑う} “ボブ”を探すのを手伝ってくれる。
      ク: どうやって?
      マ: まず奴に聞くんだ。
      ク: どうやって聞けばいい?
      マ: あんたは手がかりをすべて知っている。答えがあるのはここじゃない、  
          {クーパーの額に触れる} ここだ {クーパーの胸に触れる}
   -- クーパー、グレート・ノーザンの廊下で一心に考えている。ウェイターが通り
      かかる。  「あなたのことは存じています。ミルクは冷めますが、温まってき
      ましたよ」
   -- クーパーとトルーマンとアルバート、ベンのオフィスを調べる。アルバート、
      マディの死亡時刻は昨夜の10から12時の間だと言う。ベンの血液検査の結果も
      出た。

   12:43 pm (壁の時計)
   -- アンディ、ルーシーが見ている前でディックに電話をかけ、話し合う必要があ
      ると告げる。
   -- タジムラ、ベンに面会。タジムラ、契約書に署名するか、または金を返せと要
      求する。ベン、署名する。タジムラ、正体を明かす。
   -- ドナ、パーマー家に行ってリーランドに会い、ジェームズやマディーと一緒に
      歌ったテープを渡してマディーに送ってくれるよう頼む。リーランド、ドナが
      ローラのサングラスをかけていることに気づく。ドナ、ローラの秘密の日記の
      ことを話す。リーランド、ベスからの電話でマディーが家に帰っていないこと
      を聞かされる。リーランド、ガムを噛んでドナとに踊り、ドナの頭を抱きしめ
      る。彼は再び“ボブ”になっていた。トルーマン、リーランドを呼びに来る。
   -- ドナ、ジェームズにマディーのことを話す。ジェームズ、泣いているドナを置
      いて去る。

   3:00 pm (壁の時計)
   -- ロードハウス。ベン、ナッツを食べる。クーパーとトルーマンがバーにいる。
     トルーマン、リーランドを連れて来る。エドが到着して皆で部屋を片づける。
    ホーク、ボビーとレオを連れて来る。
    ベン: 歌でも歌えと言うのかね?  チベットの聖歌か何かを?
    アルバート: うまくいきそうだな?
    トルーマン: で、何をする?
    ク: ハリー、ぼくにもまだわからないんだ。誰か……欠けている人物がいる。
     ブリッグス少佐、ウェイターを連れて来る。ウェイター、クーパーにガムを渡
    す。
    リーランド: そのガムは知ってる。子どもの頃よく食べたよ。世界中でいちばん
        好きなガムだ。
    ウェイター: あなたの好きなガムが、また流行しますよ。
     クーパー、思い出す。ローラ: 「父が私を殺したの」巨人、クーパーに指輪を
    返す。
   
   3:55 (壁の時計)
   -- クーパーとトルーマン、リーランドをだまして牢に入れる。リーランド、興奮
      する。
   -- リーランド,銃口を突きつけられて手錠をかけられ、権利を聞かされる。
    トルーマン: あなたは弁護士を呼ぶ権利がある。弁護士を雇えない場合でも任命
        することはできる。
    “ボブ”: {クスクス笑う} ヒヒヒ!  奴に聞きたいことがあるんだろう!?
    ク: ローラ・パーマーを殺したのか?
    “ボブ”: ウー!  ウー!  ウッホーーーー!! ……そうだ
    ク: マデリーン・ファーガスンは?
    “ボブ”: おまえはどう思う?
    ク: 君に聞いているんだ。
    “ボブ”: いや、おまえはどう思うんだ?
    ク: それは質問じゃない。
    “ボブ”: ああ……そうだ……そのようなことをした……刃物を持ってな…
        …ピッツバーグの時と同じだな、クーパー。ああ、リーランド……リーラン
        ド……この入れ物は居心地が良かったが、もうガタが来た……穴だらけだ…
        …。そろそろ潮時だな、おさらばだ!!
    ク: リーランドはおまえのしたことを知っているのか?
    “ボブ”: ああ、リーランドは間抜けな奴だ……奴の良心があった場所には、で
        かい穴が開いている。出ていく時は、勢い良くジェット噴射してやろう、よ
        く見ておけ!!  奴をよく見ておくんだ……だがほんの一時だ……うぅ! うぅ!
    トルーマン: もう十分だ。
   -- ディックとアンディ、ルーシーの話を聞く。ディック、煙草を吸う。
   -- クーパー、答えはずっと自分の目の前にあったと語る――リーランドが踊って
      いたこと、髪が白くなったこと、ロバートソン、文字、そして秘密の日記。リ
      ーランド、マイクの詩と“ボブ”の答えを詠唱する。スプリンクラーが作動し、
      リーランドは壁に頭を打ちつける。
      <クーパー、アルバート、トルーマン、部屋に駆け込む。スプリンクラーの水
       が全員の上に降り注ぐ。>
      ク: 救急車を! <クーパー、リーランドのもとに膝まづき、リーランドの頭を
          膝にのせて抱きかかえる。このシーンの終わりまで、クーパーはリーラン
          ドをなだめるように髪や顔をなで続ける。>
      リ: ああ、ローラ!  私が殺した……神よ、私は我が子を殺してしまった……
          知らなかった……神よ、お許しを。私は子どもだった……夢で奴を見た…
          …遊ぼうと言ったんだ。奴は私を開いた。私が招くと、奴は私の中に入っ
          て来た。
      ク: 彼が中に入った……。
      リ: 奴が中にいるとき、私は意識がない。奴が出て行っても、思い出せない。
          私にいろんなことをやらせた……恐ろしいことをだ。奴は命を欲しいと言
          った。そして他の人間を……連中は、他の人間を私と同じように使おうと
          していたんだ……。
      ク: ローラもか。
      リ: 連中は、あの子を……ローラを欲しがった。だがローラは強かった。闘っ
          たんだ。ローラは奴を入らせなかった。ああ、連中は私にあの娘……テレ
          サを殺させた。そして言ったんだ……ローラを寄越せ、さもなくばおまえ
          に殺させるぞと……。
      ク: それでも彼女ははねつけたんだな。
      リ: 奴らは言った……ローラは敗北より死を選ぶと。だから私に殺させたんだ
          ……。ああ、神様……お慈悲です……私は何をした? 何をしたんだ? 神よ
          ……私は娘を愛しています……心から……。天使よ、我を許したまえ……。
      <クーパー、アルバートを見る。アルバート、首を横に振る。リーランドの様
       子はもう長くない。>
      ク: リーランド、己の道を探すべき時だ。あなたの魂は、明るい光へ向かおう
          としている。今、それが現実のものとなる。そこでは、すべてが雲のない
          空のように空虚で、ありのままの曇りなき知性は透明な真空状態のようだ。
          境界も中心もない。リーランド、今この時から、あなたは自分自身に戻る。
          光を見て……光を探しなさい。
      リ: 見える
      ク: 光の中へ入るんだ、リーランド。光の中へ。
      リ: あの子が……そこにいる
      ク: 光の中へ、リーランド
      リ: 美しい……
      ク: 光の中へ
      リ: ローラ?
      ク: 恐れることはない。
      <リーランド、息を引き取る。クーパー、黙って自分の髪をかき上げ、上を見
       上げる。スプリンクラーが止まる。>

   午後遅く
   -- クーパーとアルバートとトルーマン、ブリッグス少佐と会って“ボブ”の話を
      する。
   -- 壊れた車の傍らをふくろうが飛ぶ。

   3月13日の週の始め
   -- クーパー、序盤の手を決めて全国紙に個人広告を出す(「アール: ポーンをK4
      へ」)。 (3月16日の新聞に発表、2012)
 

3月14日(火)[Episode 2010 - 12/8/90
            脚本: トリシア・ブルック
            監督: ティナ・ラスボーン]

   昼間
   -- クーパー、マディーが死んだ夜のこととリーランドの最期のことをサラに語る。
   -- リーランドの通夜。ジャコビー医師がハワイから帰っている。ダギー、兄(デ
      ュエイン・ミルフォード市長)の耳を引っ張る。ダギーは新聞社を経営してお
      り、若い女と婚約していた。  ク: ハリー、実に名残惜しいよ。
   -- ジャコビー医師とエド、35歳のネイディーンを高校に編入させるよう頼む。
   -- オードリー、クーパーに会いに来る。クーパー、ウィンダム・アールのことを
      話す。  オ: 「長い交流はすべて、友情から始まるのね」

   12:35 pm (壁の時計)
   -- ボビー、レオのスーツを着てベンに会いに行く。
   -- キャサリン、トルーマンに自分の体験を話す。守護天使が彼女を救い、パール
      ・レイクの山小屋へ導いたとのこと。キャサリンの頬にはふくろうの形のしみ
      があるように見える。
   -- ディック、天井の電灯を取り替えているルーシーに話し掛ける。ルーシーが脚
      立から落ちそうになるが、ディックは気づかない。アンディは仲良くしようと
      申し出る。
   -- クーパー、トルーマンに別れを告げる。トルーマン、クーパーにグリーン・バ
      ット・スカンクの釣り針とブックハウス・ボーイズのワッペンを渡す。クーパ
      ー、ホークたちにも別れを告げるが、その時ロジャー・ハーディと騎馬警官が
      やって来て、クーパーに停職処分を言い渡す。
   -- オードリー、ボビーをベンに会わせるが、ボビーは追い出される。2人はアイ
      スクリームを食べに行く。 ボ: カップとコーン、どっち?  オ: うーん……コ
      ーンね。舐めるの好きなの。
   -- ロジャーと騎馬警官、クーパーを尋問し、クーパーの拳銃とバッジを渡すよう
      に言う。彼らは死者は2人だと思っていた。クーパーはバティスのことは知ら
      なかった。トルーマン、クーパーを弁護する。
   -- ネイディーン・バトラー、チアリーダーに応募する。

   6:20 pm (壁の時計)
   -- シェリー、レオの歯を磨く。ボビーが電話をする。レオ、動く。

   夜 (満月)
   -- ヴィヴィアン、ノーマに正体を明かす。ノーマ、出て行ってと言う。
   -- ハンク、アーニーをOEJのジャンの所へ連れて行く。ジャンの助手は騎馬警官
      だった。彼は、盗んだコカインをクーパーの車に入れる予定。
   -- ジョシー、傷ついてトルーマンのもとへ戻って来る。
   -- クーパーとブリッグス、キャンプファイヤーを囲む。
      ク: あの時は、正しいことをしているという自覚がありました。今は結果と向
          き合わなくてはいけないんです。
      少: あれ以上のことはできないだろうね。
      (クーパーとブリッグス少佐、マシュマロを火で炙る。)
      ク: 少佐、私は“ボブ”のことをよく考えるんですよ。彼は実在したのかと。
      少: この恐ろしい出来事が明らかになってから、私も同じことをいろいろ考え
          ている。
      ク: 想像してみるんです……人の姿を借り、宿主にする他の犠牲者を探して
          いる彼を。
      少: 世の中には、邪悪な力が存在している……巨大な暗闇に向き合う運命を持
          った人間もいる。そこでどうするか、我々は選ばねばならない。恐れるこ
          とを選べば、闇に対して無力になる。抵抗する方法はある。あなたには、
          持って生まれた力がある。その意味では、あなたは一人ではない。ホワイ
          ト・ロッジのことを聞いたことがあるかね?
      ク: ホワイト・ロッジ……いいえ、聞いたことはありません。
      {ブリッグス、何を言おうか考え込んでいる様子。}
      {森の中を動く正体不明のものの視点によるアングル。}
      ク: 少佐、ちょっと失礼します。自然が呼んでいるもので……野外での立ちシ
          ョンは爽快ですね。戻ったらまた、ホワイト・ロッジの話を伺います。 
          {クーパー、森の方へ行く。ブリッグス少佐、笑いながらクーパーに親指を
           立てる。} 旅から帰ったらね。
      {何かを考え込みながら、クーパーの去った方角を見ているブリッグス。ふく
       ろうの鳴き声。ブリッグス少佐、上を見上げて危険に気づく。}
      {森で用を足すクーパー。上の木の上でふくろうが鳴く。クーパー、ふくろう
       を見る。突然、後に白い光が輝く。クーパー、光の方を振り向く。}
      {目が眩むような白い光に包まれているブリッグス。}
      少: クーパー!  クーパー!
      {マントをまとった姿が逆光の中に現れる。顔は見えない。}
      {クーパー、森からキャンプ地へと駆け戻る。少佐の姿が消えている。}
      ク: ブリッグス少佐?  少佐?
      {クーパー、光を見る。光は森の中へ消えていく様子。クーパー、そこへ向か
       って走る。小さな丘の上にたどり着き、立ちつくしたまま光を見るクーパー。
       光は点滅して消える。)
 

3月15日(水)  [Episode 2011 - 12/15/90
              脚本: バリー・プルマン
              監督: デュエイン・ダンハム]

   朝
   -- バイクで走るジェームズ。
   -- ブリッグス夫人、クーパーとトルーマンとともに夫の失踪事件について話す。
      「森の中という点がひじょうに重要です」「彼はいつもそのことを話していま
      した」ブリッグス夫人、夫が枕元に書き置きを残していたので、後で連絡する
      と告げる。
   -- アンディとホーク、ミルフォード夫妻へのプレゼントを用意する。
   -- ゴードン、ベンドから電話をする (ルーシーが結婚式の手伝いをしているので、
      代わりの秘書が電話をつないだ)。DEAのデニス・ブライソンが向かっていると
      のこと。
   -- クーパー、ロジャーに対して申し開きはしないと告げる。
   -- ネイディーン、ドナにマイクのことを尋ねる。
   -- ジェームズ、バイクでウェイリーズに到着し、イヴリン・マーシュに出会う。
      イヴリン、ジェームズに夫のジャギュアを修理するよう依頼する。運転してい
      て溝にはまりこんだらしい。

   12:18 pm (壁の時計)
   -- アンディ、ルーシーへの花を置く。
   -- ディック、「ハッピー・ヘルピング・ハンド」での里子ニッキーを保安官事務
      所に連れて来る。
      アンディ、ビールをおごる。
   -- クーパーとトルーマンとホーク、ホワイト・ロッジについて話し合う。
      ホーク: クーパー、あんたはこの世界では何も恐れることはないかもしれない
          が、別の世界もある。
      ク: 話してくれ。
      ホ: ここでは、ホワイト・ロッジは人や自然を支配する精霊のいる場所だと言
          われている。
      トルーマン: そういう言い伝えがあるんだ。その逆も。
      ホ: ブラック・ロッジという場所もあるという……ホワイト・ロッジの影だ。
          伝説によると、どの魂もブラック・ロッジを通らねば完全な存在にはなれ
          ない。そこでは、影の自己に出会う。我々はそれを「境界域の住人」と呼
          んでいる。
      ク: 「境界域の住人……」
      ホ: ブラック・ロッジに立ち向かうとき、勇気が足りなければその魂は破滅す
          るという。
   -- デニスが到着する。女装しており、自分をデニースと呼ぶように言う。クーパ
      ーとはオークランドで仕事をしたことがあった。カナダの騎馬警察が、クーパ
      ーが麻薬を盗んだと申し立てたらしい。
   -- ネイディーン、足で600ポンド(約224kg)の重りを動かす。
   -- ジョシー、トルーマンにエッカートの話をする。エッカートは16歳のジョシー
      を街で拾い、香港へ連れて来て生活や仕事のことを教え込んだ。エッカートの
      ビジネス・パートナーであるアンドリューに出会い、彼女は身の危険を感じた。
      アンドリューの死にはエッカートが関わっているのではないかという。彼女は
      シアトルの空港から逃げて来た。
   -- ロジャー、RRでパイを食べる (新聞にはリーランドの記事)
   -- ハンクとアーニーが戻る。ノーマ、アーニーに何かしとめたかと聞く。アーニ
      ーは作り話をするがノーマは信じない。ヴィヴィアンはシアトルに戻っていた。
   -- ニッキー、ホイップクリームをディックの顔に吹きかけ、アンディの椅子を回す。
   -- ジェームズ、ジェフリーの48年型ジャギュアを見る。夫のジェフリーは遠方へ
      出かけている。イヴリン、車の修理をする間、宿と食事を提供するとジェーム
      ズに申し出る。
   -- ベン、グレート・ノーザンの起工式の古いフィルムを見る。ハンク到着。「ベ
      ン、まったく殺人的スケジュールだったよ」ベン、家具の配置を直すように指
      示する。ハンク、OEJは乗っ取られたと告げる。ベン、影絵遊びをする。
   -- クーパー、ウィンダム・アールから封筒(ポーンをQ4へ)とテープを受け取る:
     「当然ながら、ありきたりの序盤戦の手に君は応じないわけにはいかない。君
    の手は、几帳面で潔癖な性格の反映以外の何物でもない。今回の手は、古典的な
    対決への一歩だと思わんかね。さあ、どう出る? お化けかね、デイル……。首尾
    一貫して予測しやすいというのは、パターン化の始まりだ。パターン化が始まる
    と攻撃への防御の力が弱くなる。君にも、私にも傷がある。ひとつ描いてみよう
    ……まずナイトを使った小競り合い。ビショップとルークを使って、力と影響力
    の進路が開ける。ポーンは基本的に捨て駒だ。クイーンさえも捨ててかまわない。
    それは、デイルくん、目的のためには何事もいとわないからだ……キングは死な
    ねばならない!」
   -- ミルフォードの結婚式。デュエイン、異議を申し立てる。
   -- パーティ。デニース、クーパーに車からコカインが見つかったと告げ、自分の
      女装の理由を説明する。
   -- クーパーとオードリー、アンディとデニースが踊る。丸太おばさんはケーキが
      好き。
   -- ジョシー、トーマス・エッカートがアンドリューを殺したこと、気をつけた方
      が良いことをキャサリンに告げる。キャサリン、ジョシーをメイドにする。ア
      ンドリューが生きていた。「すべては計画通り」アンドリューとキャサリンは
      エッカートを待っている。
 

ページの先頭に戻る
=============================================================================