CSI: Miami - Season 8

Table of Contents


[mi_square] 放映時期

  • 2009年9月〜2010年5月(米CBS)
  • 2010年10月〜2011年4月(WOWOW)

[mi_square] エピソードガイド

[mi_dot] 168. Out of Time バック・トゥ・ザ・マイアミ1997
負傷してエバグレーズをさまようデルコ。そこは昔、まだ警官ではなかったデルコが変死体を発見した場所だった。それは1997年、「マイアミ・デイド署CSI」誕生前夜のことでホレイショは殺人課の刑事、カリーは州の研究所から移籍したばかり。彼らは旧態依然とした捜査方法を改め、証拠に基づく科学的な手法を導入しようとしていた。
[mi_dot] 169. Hostile Takeover デイド署襲撃
デイド署に銃を持った男が乗り込み、ラボ職員ら数名を人質にとって銃器ラボにたてこもる。人質の中には、LAからデイド署への異動を控えたジェシー・カルドーザも含まれていた。男は「ホレイショ・ケインと話をさせろ」と要求する。
[mi_dot] 170. Bolt Action ビーチショック
ビーチバレーの試合中、4人の選手のうち3人が突然コートで倒れて急死する。BC兵器の使用が疑われたためHazmatチームが現場を調べるが、危険物質は一切発見されず死因は感電と判明。カリーとエリックは、武器庫襲撃とエバグレーズでの発砲について、ステットラーから聞き取り調査を受ける。
[mi_dot] 171. In Plane Sight 暗号:ノイズ
自家用飛行機の汚水タンクから、男性の遺体が発見される。被害者は投資詐欺で逮捕され、自宅軟禁されていたはずの男。被害者は自宅で拘禁中のはずだったが、GPS装置を外して自宅を抜け出していたのだった。
[mi_dot] 172. Bad Seed 大地の反乱
救急病院に若い女性が運ばれ死亡する。担当したアレックスは毒殺の疑いを抱き、たまたま病院に来ていたデルコは付き添って来た恋人を疑う。やがて、一連の事件の裏には恐ろしい背景事情があることがわかる。デルコはあることを決意する。
[mi_dot] 173. Dude, Where's My Groom? 愛憎物語
結婚式に花婿が現れず怒り出す花嫁。その頃近くの公園では、血に染まった噴水の中で、花婿の友人2人が気を失っていた。2人はドラッグの作用で記憶を失っており、花婿は依然として行方不明。
[mi_dot] 174. Bone Voyage CSI:トリロジー
モデル志望の若い女性が失踪。捜索もむなしく彼女は切断された遺体で発見されるが、そのそばには別の女性の遺体がやはり切断された状態で遺棄されていた。付着物を調べた結果、もうひとりの被害者がネバダ州にいたことがわかり、ラスベガス市警CSIのラングストン博士がマイアミへやって来る。
[mi_dot] 175. Point of Impact クラッシュポイント
SUVとベントレーが路上で派手な衝突事故を起こし、SUVに乗っていた母子3人のうち母親が死亡、娘は重症で意識不明。ベントレーの運転手は逃走したと思われていたが、第一発見者の男が実はベントレーを運転していたことがわかる。彼は奇跡的に怪我ひとつなかったように思われたが、実は頭を何度も打ってダメージを受けていた。
[mi_dot] 176. Kill Clause 正義の一撃
パーティ会場で吹き抜けの手すりから清掃作業員が転落し、クラゲの水槽に落ちて全身を刺されて死亡する。そのパーティではたまたまウルフが副業で警備員をしており、またジェシーが客として来場していた。
[mi_dot] 177. Count Me Out 爆風トラウマ
国勢調査を担当する役人が殺害される。調査中に何らかの事件に巻き込まれた可能性があるため、担当地区を一軒ずつ回って調べたところ、怪しい家屋が発見され、ナタリアとウルフが中を調べようとするが……。
[mi_dot] 178. Delko For the Defense ダークサイドのデルコ
裕福な家の主婦が自宅で刺殺され、現場から逃げようとしたホームレスの若い男が逮捕される。だが男は「留守だと思って家に入っただけ」だと言って殺害を否定。有名な人権派弁護士が弁護につき、「証拠鑑定人」を伴って現場に現れる。
[mi_dot] 179. Show Stopper 炎のフェニックス
人気歌手「フェニックス」がステージで突然、炎に包まれて倒れる。発火した後まもなく死亡したのは明らかだったが、マネージャーと医師は「まだ息がある」と現場でむなしい救命措置を続けていた。カリーは車の走行距離についてリックから質問を受ける。
[mi_dot] 180. Die by the Sword サキルの刀
腰の部分で胴体を真っ二つにされた男の遺体が倉庫で発見される。傷口から、どうやら日本刀で切ったものと思われ、ジェシーはかつて捜査していた「サキル」という日本の組織と関連があるのではないかと思いつく。
[mi_dot] 181. In the Wind 風の証言
15年前に妻と娘を殺害した罪で有罪となり、死刑判決を受けた男が、死刑執行直前になって中止を言い渡される。当時決定的な証言をした証人が、以前の証言と異なることをインタビューで話し、知事がそれを見て再捜査を命じたのだった。
[mi_dot] 182. Miami, We Have a Problem ゼロGの攻防
駐車場の車の上に、いきなり男性の遺体が空から落ちてくる。遺体の損傷や木の枝の折れ具合から、遺体は木の上からではなく、さらにその上から降ってきた――つまり、飛行機から落とされたものと思われた。だが遺体を検死したローマンは、驚くべき事実を発見する。
[mi_dot] 183. L.A. LA大捜査線
ポルノ制作を行う実業家エンライトの自宅でパーティが開かれた夜、女性の来客が2人襲われる。1人は薬物レイプされ、もう1人は首を刺されて死亡。このエンライトこそ、ジェシーがはるばるLAから追ってきた宿敵であった。
[mi_dot] 184. Getting Axed ヘルエレベーター
広告代理店のエレベーター内で、頭に斧を刺された女性の遺体が発見される。彼女は受付係のルネで、社員たちからは「いつも皆の言動に目を光らせている」と嫌われていたらしい。調べを進めるうちに、社員たちの変わった生活ぶりや秘密が次々に明らかにされる。
[mi_dot] 185. Dishonor アラブの娘
イラクに派遣されていたカイルが休暇で帰国。同じ部隊にいて一緒に帰国した仲間のひとりが行方を絶ったらしいとわかり、カイルはホレイショとともにその仲間の自宅へ向かう。するとそこでは火災が起きており、炎に包まれた人の姿があった。
[mi_dot] 186. Spring Breakdown スプリングブレイク
スプリングブレイクでにぎわうマイアミで3人の若者が死亡する。1人は砂浜に首まで埋められて溺死、2人目はホテルのプールサイドにあるオブジェの尖った棒に串刺しにされ、3人目の女性はクリーニング工場の洗浄機に投げ込まれていた。
[mi_dot] 187. Backfire もう一人のカリー・デュケーン
火災現場に到着したカリーとウルフは、少年が取り残されていることに気づいて燃え盛る家屋に入る。ウルフは少年を助け出すがすでに死亡していた。現場の状況から放火とわかり、少年に疑いがかかるが……。
[mi_dot] 188. Meltdown 裏切りのダイヤモンド
宝石店に強盗が入り、客の一人を射殺すると大量の宝石類を強奪。犯人グループはケースの鍵を事前に入手し、また防犯カメラも電波妨害装置で動作できないようにしていた。現場を調べていたカリーは、野次馬の中に知った顔を見つける。
[mi_dot] 189. Mommie Deadest 破壊の前兆
結婚20周年を祝うパーティの直後に妻が殺害される。仲の良い夫婦と子ども2人、絵に描いたように幸せそうな家庭には、意外な背景事情が隠されていた。一方、検事局からの依頼でデルコは証拠品の盗難事件を調べるが、仲間の素行調査という仕事に不満を感じていた。
[mi_dot] 190. Time Bomb 木っ端微塵
証拠品の盗難事件を調べている途中で命を狙われたエリック。証拠を盗んだ犯人は、長期間にわたって証拠品の持ち出しを繰り返していた。爆発による破損を免れたGPSチップから、犯人の自宅と思しき出発点が明らかになるが……。
[mi_dot] 191. All Fall Down 皆殺しのメッセージ
CSIメンバーのもとへ犯行予告と思しきメッセージが届けられる。標的の場所を割り出して急行すると、そこでは女性が1人、狙撃されて死亡していた。被害者はデイド大学で心理学実験に協力していた被験者であり、事件はデイド大学をめぐる連続殺人事件の様相を呈する。

その他のシーズンは、こちらからどうぞ。

[mi_square] DVD