TWIN PEAKS TIMELINE 日本語版


データ集のトップへ戻るTIMELINEのトップページへ戻る

| TIMELINE 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13



[Episode 2018  -  4/4/91
 脚本: ハーレー・ペイトン、ロバート・エンゲルス
 監督: デュエイン・ダナム]

火曜の夜 (続き)
   -- ジョーンズ、トルーマンと自分の唇に香水をつける。トルーマン、もうろうと
      しながらジョシーの姿を見る。ジョーンズ、トルーマンを絞殺しようとする。
      2人は格闘し、トルーマンが勝つ。

3月22日(水)

   朝
   -- オードリー、ジョンの部屋に朝食を運ぶ。
   -- トルーマン、クーパーにジョーンズは南アフリカ領事以外とは話さないらしい
      と告げる。クーパー、二日酔いの特効薬を処方し、トルーマンがトイレに駆け
      込む。その日の朝、「ジョシーから」盆栽が届く。ドク、トルーマンにアール
      が家に来たと言う。
    ク: 次の一手は今日知らせる。
     ゴードンが到着する。アール、盗聴器をしかけた盆栽で聞いている。アールは、
    OAMと同じハリペリドールという薬品を使っていた。また、アールはプロジェクト・
    ブルーブックにも関っていた。ゴードン、クーパーを復職させ、新しいスミス&
    ウェッソン10mmを渡す。
    ウ: デイル坊やはフェアプレイをしようって気がないんだな!
   -- レオ、アールのカードを引く: クラブのクイーン(ドナ)、ダイヤのクイーン
      (オードリー)、スペードのクイーン(シェリー)、スペードのキング(クーパー)。
      ハートのクイーン(ブランク)、これがミス・ツイン・ピークスだ。
    ウ: さて、優勝者には何を差し上げよう? {……} そうだ、これがいい…… 優勝
        者には、死を。高貴なる処刑だ。そしてクーパー…… 見るがいい {笑う}
   -- ドナ、グレート・ノーザンで母親とベンの姿を目撃する。マイクとネイディー
      ン、チェックアウトする。ドナ、オードリーと話し、両親について不審に思う。
   -- アイリーンとベン、20年前のことを話し合う。アイリーンはベンからのラブレ
      ターを持っていた。ベン、自分は生まれ変わったのだと言って彼女を取り戻そ
      うとする。ドナとオードリー、立ち聞きしている。アイリーン、ドナに近づか
      ないよう頼む。
   -- RRで、ゴードンはトルーマンに二日酔いの妙薬を処方する。トルーマン、トイ
      レに駆け込む。ゴードン、シェリーに気づき、彼女に魅かれてそばへ行く。
    シ: そんなに大声をお出しにならなくても、聞こえます。
    ゴ: 聞こえた。今のは聞こえたぞ
    シ: コーヒーの他に何か?
    ゴ: 完璧に聞こえた!
    シ: {困って} 私も聞こえてます、本当に。お願い!
   -- クーパーとトルーマンとアニー、窓の外を飛ぶシジュウカラの話をする。
    ト: 二日酔いの特効薬は?
    ア: 禁酒とお祈り
    ク: それはいいね
    ト: コーヒーをもらうよ

                      /\                 クーパー、ペンギンについての冗談を
                    /    \              言い、笑う。
                    \    /                ト: オチがついたな
                      \/                 アニー、クーパーのスケッチがふくろ
               /\    /  \     /\        うの洞窟にあった記号にそっくりだと指
             /    -<      >-     \      摘する。
           /         \  /          \
         -------------/\--------------
                    /    \
                    \    /
                      \/

   -- ドナ、ジェームズがサンフランシスコから出した手紙を読む。彼はメキシコへ
      行くとのこと。父親がジェームズのことを聞き、ドナが母親とベンのことを聞
      く。父は何か隠している様子。差出人のない花束がアイリーンのもとへ届く。
   -- エドワード・パーキンス博士(アール)、図書館でオードリーに出会う。アール、
      詩をシェリーのものだと言う。
    ウ: シェリーの詩を朗読している貴女は、本当にクイーンのようだ
   -- シェリーとアニー、クーパーの話をする
   -- ルーシー、チェスをしながらロープを降りているアンディと話をする。アンディ
      は洞窟探検に行くところだった。
   -- ピート、次の一手のために呼ばれる(ポーンをQR-3へ):
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
      | |_|_| |///////|  /+\  |  _+_  | o o o |  /+\  |  ,^-. | |_|_| |
      |  |_|  |///////|  \_/  | (_|_) | \_|_/ |  \_/  | /'_ | |  |_|  |
      | _|_|_ |///////| __=__ |  ===  |  ===  | __=__ | `'/_| | _|_|_ |
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
      |   o   |   o   |   o   |       |///////|   o   |   o   |   o   |
      |  (_)  |  (_)  |  (_)  |       |///////|  (_)  |  (_)  |  (_)  |
      |  /_\  |  /_\  |  /_\  |       |///////|  /_\  |  /_\  |  /_\  |
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
      |       |///////|  ,^-. |///////|       |///////|       |///////|
      |       |///////| /'_ | |///////|       |///////|       |///////|
      |       |///////| `'/_| |///////|       |///////|       |///////|
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
      |///////|       |///////|   o   |///////|       |///////|       |
      |///////|       |///////|  (_)  |///////|       |///////|       |
      |///////|       |///////|  /_\  |///////|       |///////|       |
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
      |       |///////|       |   o   |       |///////|       |///////|
      |       |///////|       |  (_)  |       |///////|       |///////|
      |       |///////|       |  /_\  |       |///////|       |///////|
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
      |///////|       |///////|       |///////|  ,^-. |   o   |   o   |
      |///////|       |///////|       |///////| /'##| |  (#)  |  (#)  |
      |///////|       |///////|       |///////| `'/#| |  /#\  |  /#\  |
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
      |   o   |   o   |   o   |///////|   o   |   o   |       |///////|
      |  (#)  |  (#)  |  (#)  |///////|  (#)  |  (#)  |       |///////|
      |  /#\  |  /#\  |  /#\  |///////|  /#\  |  /#\  |       |///////|
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
      | |_|_| |  ,^-. |  /+\  |  _+_  | o o o |  /+\  |///////| |_|_| |
      |  |#|  | /'##| |  \#/  | (#|#) | \#|#/ |  \#/  |///////|  |#|  |
      | _|#|_ | `'/#| | __#__ |  ===  |  ===  | __#__ |///////| _|#|_ |
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
     クーパー、装備をつけて出発の準備をする。クーパー、シェリーが耳の件でゴ
    ードンをドクのところへ連れて行ったと言う。
   -- ジョニー・ホーン、バッファローを射つ。
   -- ベン、自分の仕事を補佐する適役はオードリーだと言い、1時間後にシアトルに
      発つよう指示する。ジョンが現れる。ジョンとベン、ベンの更正について話し
      合う。ジョン、オードリーと恋におちたと言い、二人でにんじんを食べる。
    ベン: つらい真実はかならず最初に……

   夜
   -- ふくろうの洞窟。アンディ、足をすべらせて落ちる。クーパー、トルーマン、
      ホークもそこにいる。壁に描かれたシンボルを見る。中心のひし形がはずれ、
      ペトログリフ(古代の壁画)が描かれた棒の先が現れる。その絵はテレサの指輪
      と同じ模様だった。ふくろうが飛び去る。

   9:05 pm (クーパー→ダイアン)
   -- クーパー、ダイアンに短いメッセージを吹き込み[ここで間違えて木曜日と言っ
      ている]グレート・ノーザンのバーでアニーに出会う。
      デイル: やあ、アニー
      アニー: こんにちは
      デ: 何か頼もうか
      ア: いえ、ラム&トニックがあるから
      デ: そうだね
      ア: シスターが紅茶にラムをたらして飲んでらしたの。それが何だかエキゾチッ
          クに見えて、それで……
      デ: 新しい体験ばかりだね
      ア: 驚くことばかり。戸惑ってるわ。音楽、人々……話し方や笑い方、恋人た
          ちのしぐさ。まるで外国語なの。私、本当に何も理解してないのね
      デ: 君の目を通して世界を見てみたいな
      ア: どうして?
      デ: チャンスがあれば、やり直してみたいことがあるんだ
      ア: 私もよ
      [アニー、飲み物に手をのばす。デイル、手首の傷に気づき、アニーも彼が気づ
       いたことに気づく。アニー、手をひっこめて手首をかくす。]
      ア: ええ、そう……未遂だったの。 [間] それを繰り返すのが恐いわ
      デ: そのことを話してみない?
      ア: まだだめ
      デ: 力になれないかな
      ア: あなたが?
      デ: 君さえよければ
      ア: 私は頑固ですごく意固地よ
      デ: かまわない
      ア: 変わり者だって言う人もいる
      デ: ぼくもだ
      ア: [笑う] いつも理にかなったことをするとは限らないし、あなたの予想もし
          ないことをするかも
      デ: 予想なんてしてないよ
      ア: じゃあ、その親切なお申し出を受けるわ
      デ: よかった。嬉しいよ
   -- アール、ふくろうの洞窟を探検する。
      [ウィンダムの懐中電灯の明るい光。何かを探しているらしいアールの姿が洞窟
       に現れる。覆いの取れた「ペトログリフ」の所へやって来る。]
      ウィンダム: う〜ん、これはいったい ……  [懐中電灯を洞窟の他の部分に向
          ける] ……ここか?
                 /\              [同じペトログリフの映像。ただしウィンダムの
                /  \              位置からは天井に逆むきに描いてあるように見
               /    \             える。これはひし形の図形に囲まれている。]
              /      \
             /        \
            /    /\    \
           /    /  \    \
          /    /    \    \
         /     \    /     \
         \  \  /\  /\  /  /
          \  \/  \/  \/  /
           \            / 
            \          /
             \        /
              \      /
               \    /
                \  /
                 \/
      ウ: これか?  [壁のペトログリフを振り返る] そうだ
          [天井を振り返る]  逆むきのシンボルだ
          [息を切らせたような笑い方] これだ
      [少し手こずった後、ウィンダムが石の柱をつかみ、左向きに回してシンボルが
       天井のシンボルと同じ向きになるようにする。「火」のシンボルにささったア
       ンディの斧が動き始め、地面が揺れるような音がする。斧は壁のペトログリフ
       の上に直接ささっていた。斧が壁からはずれ、壁の揺れが激しくなる。ウィン
       ダム、後ずさり、満足げに小さく笑う。壁の土埃が画面を覆う。]

3月23日(木)   [Episode 2019 - 4/11/91
               脚本: マーク・フロスト&ハーレー・ペイトン
               監督: ジョナサン・サンガー]

   朝
   -- クーパーとアンディとホークとトルーマン、ふくろうの洞窟へ戻り、新しいペ
      トログリフを見つける。外にあった足跡は発電所の外にあったものと同じだっ
      た。クーパーは、アールだと推理する。
      _______________________________________________________________________
      
      BLACK                              O        ペロペロキャンディ
      BLOB                               |  O  O
                                      ____  |  |  O  O
              O                           -----   |  |  O  O
              |                       /\       ______   |  |        \   |   /
             巨人   o                /  \            ----__          \ _|_ /
              |     |               / 山 \             /\    ツノ ____|太陽____
              |    小人            /      \           /  \            |___|
             / \   / \            /    @   \         /    \          /  |  \
                                 /        ~~~~~~~~  /  山  \       /    |   \
                                         ~~~~ 湖 ~~/        \
                            炎   4  = 滝  =~~~~~~ /     @    \
                          (洞窟)    ||||||| ~~~~
               oo                   |||||||
       XX    o    o                 |||||||
       XX   o  輪  o                |||||||         (至る所に交差した線)
             o    o                 |||||||
               oo
      
                                                      M A Y O R
      
                                                         M C
      
                                                     C H E E S E
      _______________________________________________________________________

   -- アール、レオとパンク男にホワイト・ロッジとブラック・ロッジの話をする。
      このヒッピーはパーティーに招かれたと思っていた。コンピュータの画面には
      ふくろうの洞窟のペトログリフ。
      アール: 昔々あるところに、ホワイト・ロッジという善の国があった。そこで
          は可愛い仔鹿たちがはねまわり、笑いさざめく幸せな精霊たちが住んでい
          た。無垢なる喜びの音楽が流れ、雨が降るとそれは甘い蜜となり、人々の
          心にしみこんで真実と美の人生を生きようという希望を満たした。概して
          言うなら、美徳が腐臭を放つぞっとする場所だ。母親だの、めそめそした
          赤ん坊だの、馬鹿だのが、老いも若きもこぞって理由もなく善であらねば
          という観念に支配され、膝まづいて祈っている。そんな連中ばかりだ。
          ハハッ!
           だが幸いなことに、この話には続きがある。この甘味料過多の世界とは
          正反対の世界があるのだ。想像もできないようなパワーの世界で、闇の力
          と邪悪な秘密に満ちている。敬虔な人間はこの恐ろしい世界に足を踏みい
          れたりはしない。そこにいる霊たちは良き行いや司祭の祈りなど気にしな
          い。嬉しそうに「こんにちは」と言いながら骨から肉をかじり取ってしま
          うのだ。この、引き裂かれた魂と慟哭の国の霊たちを支配できたなら、お
          そろしく強大な力を手にすることができる。地球さえ思いのままに支配で
          きるぐらいのパワーだ。そう、私が話しているのはこの世界--ブラック・
          ロッジだ。私が探しているのはそこなのだ。
   -- ピート、ジョシーの詩を書こうとするが、キャサリンに邪魔される。キャサリ
      ンはエッカートの助手が残して行った箱をまだ開けることができない。ピート、
      これはパズル・ボックスで開けるには何年もかかることがあると言う。
      キャサリン: 開けて! もう何日もこれにかかりきりなのよ
   -- ボビー、RRでシェリーにミス・ツイン・ピークスのコンテストに出るよう説得
      する。
   -- また、RRではラナもコンテストに勝たせてくれと市長に頼んでいる(市長は審
      査員)。
   -- クーパーが入って来て仲間のためにコーヒーとドーナツをアニーに注文し、午
      後に彼女とデート(自然観察)に行く約束をする。クーパー、シェリーが詩をつ
      ぶやいているのを聞き、彼女から紙片を受け取る。ブルー・プレート・スペシ
      ャルは「ハーティ・ビーバー・ブラザーズ」
   -- クーパー、メッセージはアールからのものだとトルーマンに告げる。それはク
      ーパーがキャロラインに送った詩だった。ホーク、ドナが受け取った紙片を持っ
      て来る。オードリーは街を出ていた。クーパー、レオの逮捕記録を持って来る
      よう頼む。
   -- ブリッグス少佐、アンディが黒板に描いたペトログリフのうつしに間違いがあ
      ると指摘する。彼は夢で見たのだ。クーパー、レオの失踪とアールとふくろう
      の洞窟はすべて関連していると言う。クーパー、ブリッグスの協力を頼むが、
      少佐は自分のおかれた状況と任務への態度を真剣に考える。フードをかぶった
      人物のシルエット。その人物が画面の中央に入ると、シルエットの中が宇宙の
      映像に変わり、ふくろうがその中を飛び、次に洞窟の壁と炎の映像になる。ブ
      リッグス、協力に同意する。ホーク、レオの逮捕記録を持って来る。クーパー、
      詩と見比べてレオの筆跡だと判断する。
   -- ディックとベンが話している。ディック、自分の怪我に補償を要求する。ベン、
      承諾する。
    ベン: 時折、邪悪な衝動に圧倒されそうになる
   -- パンク男がコンクリートの桶(ポーン型)で固められ、アール、レオに矢を持っ
      て来るように言う。レオ、嫌がるが首輪に電流を流されてアールに従う。アー
      ル、弓を手に取り、パンク男を射つ。

   3:35 pm (壁の時計)
   -- ミス・ツイン・ピークス委員会(ドク・ヘイワード、市長、ピート)がミーティ
      ングをしている。ベン、コンテストのテーマを「森林を救おう」にしてはどう
      かと提案する。
   -- ミス・ツイン・ピークスのコンテスト出場者が集まる。  マイク: 円熟したセッ
   クスと超人的な体力を組み合わせると、何が起きると思う?

   3:36 pm (大きな時計)
   -- トルーマンとキャサリン、ジョシーがなぜあんなことをしたかを話し合う。キャ
      サリン、パズル・ボックスを見せる。ピートが現れ、箱を落とす。箱が開く。
      中身は別のパズル・ボックスで、同心円状に2種類の記号が描かれていた。内側
      の輪は月の満ち欠けを模した記号で、外側の輪はほとんどが黄道十二宮の記号
      だった。

    時計の位置          内側の記号              外側の記号
                          (月の満ち欠け)         (黄道十二宮)
    --------------------------------------------------------
    12:00                満月                   天秤座
    1:30                 十一夜の月             魚座
    3:00                 上弦の月               蟹座*
    4:30                 三日月                 不明**
    6:00                 新月                   牡羊座
    7:30                 二十五夜の月           射手座
    9:00                 下弦の月               牡牛座
    10:30                十八夜の月             双子座
      * 蟹座の記号は辞書にあるものとやや異なる。小文字のシグマ(σ)のの尾の部分
        をまっすぐで長くした形。同じような変形シグマが180度回転してその下にある。
      ** 大きな円があり、その上部に(時計でいうと10:30、11:30、12:30、1:30の位置)
        に小さな円が描かれている。動物の足跡のよう。おそらく獅子座の別の記号で
        あろう。

   4:00すぎ (クーパーがアニーに4:00ちょうどに迎えに来ると言っている)
   -- アニーとクーパー、ボートに乗っている。アニー、クーパーに1つ年上のボーイ
      フレンドがいたことを話す。手首の傷と修道院へ行ったことは彼が原因だった。
      クーパー、アニーに2回キスする。アールが見ている。
    ア: 私は夢の世界に住んでたわ
    ク: 住処としては悪くない
    ア: 変な人ばかりいたけど
   -- ディック、鼻に絆創膏をはったままワインのテイスティング・パーティのホス
      トを務める。
   -- ゴードン、シェリーに向かって普通にしゃべっている。クーパーとアニーが来
      ると、ゴードンはこの土地を離れるが、またシェリーに会いに戻って来たいと
      告げる。ゴードン、シェリーに2回キスする。最初のキスは信じられない様子の
      ボビーに邪魔される。
    ゴードン: 君は大人の男女が優しい時間をともにしているところを目撃しておる
        のだ。  {シェリーに}  まるでキスを見たことがないようだな
    クーパー: あの、ゴードン
    ゴードン: もう一度よく見るがいい。もう一度だぞ
   -- ラナとアンディ、ワインの味はバナナとチョコレートだということを発見する。
      ルーシー、ディックの顔にワインを吹きかける。
    ルーシー: 私、妊娠してるから飲めないの

   夜 (半月)
   -- ジャックとクーパー、愛について語り合う。ジャック、電報を受け取りすぐに
      チェックアウトの準備をする。
   -- ドナ、アイリーンとベンの関係についてまだ知りたがっている。ドナ、留学を
      考えていると言う。アイリーン、豆を取るよう頼む。
   -- フードをかぶったシルエット。頭の部分に半月。ふくろうが飛ぶ。
   -- クーパーと警察、四阿にいる。四阿には巨大な箱が置いてあった。
    ク: アールはゲームのやり方を変えている。次の一手を推理するのは至難の業だ
     箱には「ひっぱって」と書いたリングが取り付けられている。クーパー、立ち
    入り禁止のテープをリングと石に結び付け、石を撃って箱を開く。チェスの駒に
    造形したパンク男が現れる。傍らに「次はおまえの知り合いだ」と書かれていた。
      [現在のチェス盤]
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
      | |_|_| |///////|       |  _+_  | o o o |  /+\  |  ,^-. | |_|_| |
      |  |_|  |///////|       | (_|_) | \_|_/ |  \_/  | /'_ | |  |_|  |
      | _|_|_ |///////|       |  ===  |  ===  | __=__ | `'/_| | _|_|_ |
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
      |   o   |   o   |   o   |       |///////|   o   |   o   |   o   |
      |  (_)  |  (_)  |  (_)  |       |///////|  (_)  |  (_)  |  (_)  |
      |  /_\  |  /_\  |  /_\  |       |///////|  /_\  |  /_\  |  /_\  |
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
      |       |///////|  ,^-. |///////|       |///////|       |///////|
      |       |///////| /'_ | |///////|       |///////|       |///////|
      |       |///////| `'/_| |///////|       |///////|       |///////|
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
      |///////|       |///////|   o   |///////|       |///////|       |
      |///////|       |///////|  (_)  |///////|       |///////|       |
      |///////|       |///////|  /_\  |///////|       |///////|       |
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
      |       |///////|       |   o   |       |///////|       |///////|
      |       |///////|       |  (_)  |       |///////|       |///////|
      |       |///////|       |  /_\  |       |///////|       |///////|
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
      |///////|       |///////|       |///////|  ,^-. |   o   |  /+\  |
      |///////|       |///////|       |///////| /'##| |  (#)  |  \_/  |
      |///////|       |///////|       |///////| `'/#| |  /#\  | __=__ |
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
      |   o   |   o   |   o   |///////|   o   |   o   |       |///////|
      |  (#)  |  (#)  |  (#)  |///////|  (#)  |  (#)  |       |///////|
      |  /#\  |  /#\  |  /#\  |///////|  /#\  |  /#\  |       |///////|
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+
      | |_|_| |  ,^-. |  /+\  |  _+_  | o o o |  /+\  |///////| |_|_| |
      |  |#|  | /'##| |  \#/  | (#|#) | \#|#/ |  \#/  |///////|  |#|  |
      | _|#|_ | `'/#| | __#__ |  ===  |  ===  | __#__ |///////| _|#|_ |
      +-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+-------+

[Episode 2020 - 4/18/91
 脚本: ハーレー・ペイトン&ロバート・エンゲルス
 監督: スティーヴン・ギレンホール]

木曜の夜(続き)
   -- 警官たちがポーンを四阿から運び出す。パンク男の友人、変な格好をした「ス
      コット」が森から出て来てビールがあると行ったのでラスティ・トマスキー
      (パンク男)はついて行ったのだと話す。アンディ、泣く。クーパー、アールの
      ゲームはチェス盤を離れたと考える。
    ク: 彼はまたポーンを取った。しかし、今回は自分の手を伝えていない

3月24日(金)

   朝
   -- ルーシー、自分の知らない人が悲しそうにしているのでホークが彼に朝食をあ
      げているとトルーマンに告げる。また、アンディに明日をD-デイ(父の日)、す
      なわち自分の子供の父親を決める日にすると告げる。ルーシーはミス・ツイン・
      ピークスのコンテストに出る決心をしていた。アンディ、スピーチに協力する。
   -- ジャック、グレート・ノーザンでオードリーから自分宛のメッセージがないか
      チェックする。
   -- ドク・ヘイワード、ベンを診察して健康を保証し、アイリーンに近づくなと言
      う。ベン、嘘が存在する限りそれはできないと言う。ジャックが入って来てオ
      ードリーを探す。ジャック、パートナーが殺されたため帰らなければならない
      と告げる。
   -- ドナ・マリー・ヘイワード、自分の出生証明書を見て「父親」欄が空白である
      ことを知る。また、両親とベンが写っている写真を見る。母親の旧姓欄はアイ
      リーン・ヘイワードになっていた。ホーク、電話でドナを呼ぶ。
   -- オードリーが戻る。ホーク、すぐにクーパー捜査官に会いに行くよう伝える。
   -- ジャックとベン、しゃべっている。ジャック、熱帯雨林のビジネスでパートナ
      ーの跡を引き継ぐと言う。オードリーへの手紙をことづける。
   -- ブリッグス、キャピーにシンボルの調査を指示し、クーパーとトルーマンに情
      報を伝える。アールは最高に優秀な職員だったが、調査対象が外宇宙からツイ
      ン・ピークスに変わったのと同時に、何かに取り憑かれたようにおかしくなり、
      プロジェクトからはずされていた。クーパー、ウィンダム・アールのテープを
      見せる。
      ア: この、えー、この邪悪な魔術師は……ダグパスと呼ばれている。彼らは、
          悪のために悪を行う、それだけの存在だ……彼らは闇の中に棲み、理由も
          なく悪を為す。そう……この熱烈で純粋な悪ゆえに、秘密の場所への扉が
          開けたのだ。そこでは、邪悪な力が養われ、急速に増殖し、それによって
          悪の力はさらに増している! この……このパワーの場所は実在している。
          探し当て、中に入り、ある方法で利用することもできる。ダ……ダグパス
          だ。彼らはさまざまな名で呼ばれる。だが一般には(咳き込む)それは、ブ
          ラック・ロッジだ。信じないか、そうか……おれが働きすぎでおかしくなっ
          たと思っているな。出て行け。
      ク: (テープを一時停止にしてため息をつく)  ウィンダム・アールがツイン・
          ピークスに来た時には、彼が来たのは復讐のためだと思っていた。ぼくへ
          の復讐だと。しかし、それは間違いだったようだ。彼はぼくの友人たちの
          生活に干渉し、何の罪もない人々を殺害した。ごまかしや偽の手がかりで
          我々の注意を引いた。まったく見事なだましぶりだった。しかし、そのよ
          うな行動はすべてカモフラージュにすぎなかった。彼は別のものをずっと
          追っていたのだ。今なすべきことは、この(モニタを指差す)ブラック・ロッ
          ジと、あれ(地図の絵を指差す)の関係だ!
      クーパーとトルーマン、古い記録を調べる。ブリッグス少佐、散歩に行く。
   -- アール、クーパーとトルーマンとブリッグスの話を盗聴して笑う。レオ、電気
      ショックの道具をポケットに入れる。アール、チェス盤の上の駒を払い落とす。
   -- RRで、パイを食べている客の手が震える。ボビーとシェリー、スピーチのこと
      と、ボビーが最近シェリーをほおっておいたことについて話す。クーパー、
      電話でシェリーを呼び出す。

   7:52 am (壁の時計)
   -- ロードハウス。市長、ラナに他の審査員はノーマとディックだと言う。ラナ、
      優勝したら結婚すると言う。
   -- クーパー、シェリーとオードリーとドナに最近知らない人に会ったかと聞く。
      シェリー、レオの筆跡を認める。クーパー、毎日午前9時と午後9時に保安官に
      連絡するように言う。
   -- アール、しゃべっている。レオ、掃除をしながらシェリーのカードに気づき、
      自分に電気ショックを与える。
   -- オードリー、グレート・ノーザンに戻る。ジャックはちょうど出発した後だっ
      た。ベン、オードリーに、ミス・ツイン・ピークスになって彼の主張を伝える
      ように言う。ベンがジャックの出発を伝えると、オードリーはすぐに後を追い、
      ピートに運転を頼む。ピートはジョシーの顔を見て何かつぶやいていた。ベン、
      何かに驚く。
   -- クーパーとトルーマン、ペトログリフを検討する。アンディ、ブリッグス夫人
      に電話をかけ、少佐はもう到着してもいい頃だということを知る。
      クーパー、アニーのことを話しす。手が震える。
   -- ブリッグス、森の木の傍で立ち止まり、木と自分の刺青に手を触れる。その後、
      馬のぬいぐるみを来たアールに撃たれる。
   -- ジャック、出発の用意をする。

   10:34 am (壁の時計)
   -- クーパーとアニー、話をしてキスを交わす。皿が落ちる。
   -- ピートとオードリー、ジャックに追いつく。オードリー、ジャックを愛を告白
      し合い、自分はバージンだと告げる。
    オ: 愛し合いたい
    ジ: え? ここで、今?
    オ: 自家用機でしょ
    ジ: ありがたいことに
      ピート、涙ぐむ。手が震える。
   -- アール、的に張り付けにしたブリッグスを尋問する。
    ア: ノース・カロライナの州都は?
    少: ローリー
    ア: 素晴らしいな
      アール、少佐にハリペリドールを打つ。
    ア: もっとも恐れていることは……この世で
    少: 愛は無力かもしれないこと
      少: 「木星と土星が出会う時、彼らは現れる」少佐、さらに「あなたの好きな
          ガムが戻って来る」を逆にしたような言葉をしゃべる。
   -- アンドリューとキャサリン、パズル・ボックスに取り組んでいる。アンドリュ
      ー、エッカートの誕生日と自分の誕生日を試す。その後箱が届いた日を試すと
      箱が開き、別の箱が現れる。アンドリュー、その箱を叩き壊す。金属製の箱が
      現れる。
   -- アニー、クーパーと踊り、ミス・ツイン・ピークスのコンテストに出ると言う。
      巨人が現れ、クーパーに対し「ダメだ」というようなしぐさをする。

   夕暮れ
   -- ピート、トラックの中で目を覚ます。ジェット機はブラジルへと飛び立った。
      オードリー、まだそこにいる。ピート: 「失恋を癒すものはいろいろあるが、
      月夜にはねる鱒はなかでも最高だよ……」
   -- レオとブリッグス、痛みに苦しむ。アール、ペトログリフは地図だと判断する。
   -- クーパーの見ている巨人の幻が消える。市長: 「何かおかしいぞ。こわれとる」

   夜
   -- グラストンベリー・グルーヴに“ボブ”が出現し、「出たぞ!」と叫ぶ。

ページの先頭に戻る
=============================================================================